星川清司

作家は行

星川清司の「小伝抄」を読んだ感想とあらすじ

文化、文芸、芸術、民芸、社会風俗...こうしたものをもちだされると、直木賞選考委員は弱いようである。己がそうしたものへの深い理解があることを誇示したいためだろうか、それとも知らないことを隠したいからであろうか...。
作家は行

星川清司の紹介と作品・著書

略歴 (1926 - 2008)星川清司(ほしかわ せいじ)。脚本家、小説家。東京都出身。旧制山形高校中退。1970年「わが父北斎」で芸術祭優秀賞とイタリア賞グランプリ1989年「小伝抄」で第102回直木三十五賞 紹介している...
タイトルとURLをコピーしました