明智光秀

作家か行

海音寺潮五郎の「武将列伝 戦国爛熟篇」を読んだ感想とあらすじ

★★★★★★★☆☆☆ 覚書/感想/コメント 「竹中半兵衛」では半兵衛の武士としての心がけを語る話が幾つか述べられている。これが意外に面白い。 「大友宗麟」はその生涯を通観すると、賢明なのか阿呆なのか一刀両断的にい...
作家は行

藤沢周平の「逆軍の旗」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

歴史上の事件を扱った短編集である。「逆軍の旗」は明智光秀を扱い、「上意改まる」「二人の失踪人」は藤沢周平の郷里の歴史を題材にとったものである。最後の「幻にあらず」は上杉鷹山を主人公とした短編である。

スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました