戦国時代

NO IMAGE 歴史上の人物

立花宗茂:秀吉から忠義も剛勇も鎮西一と称えられた武将

立花宗茂(たちばな・むねしげ)略歴 永禄11年(1568)~寛永19年(1642)。74才。安土桃山時代から江戸時代前期の大名。 初名は宗虎、その後、統虎、鎮虎、正成、俊正、経正。剃髪後、立斎と号した。 筑前岩屋城主・高橋...
NO IMAGE 歴史上の人物

高橋紹運:雷神・立花道雪と並んで風神と称された武将

高橋紹運(たかはし・じょううん)略歴 天文17年(1548)~天正14年(1586)。39歳。戦国時代の武将。 名は鎮種(しげたね)。通称は孫七郎、官途は主膳正。入道して紹運。三河守。大友氏の年寄・吉弘鑑理(よしひろ・あきただ)...
NO IMAGE 歴史上の人物

立花道雪:鬼道雪と呼ばれた大友家の軍神

立花道雪(たちばな・どうせつ)略歴 永正13年(1516)~天正13年(1585)。70歳。戦国時代の武将。 立花道雪で知られるが、生涯で立花姓を使ったことはない。戸次鑑連(べっき・あきつら)。幼名は八幡丸。号は道雪。戸次親家の...
歴史上の人物

剣聖・塚原卜伝:生涯負けを知らなかった鹿島新当流の祖

塚原卜伝(1489-1571)は戦国時代の剣豪、兵法家。剣聖と呼ばれる。鹿島新当流(新当流、卜伝流、墳原(つかはら)卜伝流など)の始祖。卜伝の伝記は巷説が多く、生没年に諸説あることからも明らかでない。
NO IMAGE 歴史上の人物

丸目蔵人佐長恵「タイ捨流」を興した上泉信綱の四天王と呼ばれた九州の剣術家

丸目蔵人佐長恵(まるめ・くらんどのすけ・ながよし)はタイ捨(たいしゃ)流の創始者として知られる。通称は蔵人佐(くらんどのすけ)、または石見守。丸目蔵人(まるめ・くらんど)の名で広く知られる。本姓は藤原。号は徹斎。晩年は剃髪して石見入道徹斎を名乗った。
NO IMAGE 歴史上の人物

上泉伊勢守信綱「剣聖」と呼ばれる新陰流を興した関東(上野国)の武人

「剣聖」と呼ばれる関東の武人・上泉伊勢守信綱。新陰流の祖。読みは「かみいずみ」または「こういずみ」。居城のあった前橋市上泉町は「かみいずみ」。「言継卿記」には大胡武蔵守または上泉武蔵守信綱で出ている。
NO IMAGE 作家あ行

池宮彰一郎の「本能寺」(下)を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 信長のあれだけ狂気じみた苛烈さが伝えられる中、天下目前まで事業を成し遂げることができたのは、苛烈さだけではなかった。 そもそも苛烈なだけでは、戦国の世において家臣が身命を賭し...
NO IMAGE 作家あ行

池宮彰一郎の「本能寺」(上)を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 織田信長の解釈が面白いし、なるほどと思ってしまう。 話は織田信長と明智光秀、木下藤吉郎を中心に語られていく。 「信長ほど、裏切られ背かれた者は他に例を見ない。なぜ背かれるのか、その理由...
NO IMAGE 作家か行

北沢秋の「哄う合戦屋」を読んだ感想とあらすじ

信濃を舞台にして、天才軍略家の悲哀を描いている。南は武田晴信。北は村上義清、そして背後に長尾景虎。目の前には小笠原長時。そうした勢力図の中、天才軍略家・石堂一徹が使えることにしたのは、内政に長けている遠藤吉弘。
NO IMAGE 作家な行

永岡慶之助の「伊達政宗(下)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★☆☆☆☆☆ 後半は秀吉の死後から家康の権力が確定するまでの時代の伊達政宗を描いている。 伊達政宗という男の人生は長い。 本書では描かれていないが、江戸時代に入ってからの政宗についてもいろい...