徳川家光時代

3) かなり面白い

羽山信樹の「邪しき者」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 上巻 「流され者」に続く、題名に「者」の文字を用いた四部作の第二弾。 他の二作は「滅びざる者」「来るべき者」であるが、羽山信樹氏の死によって永遠に未完となっている。 本書は「勤皇思想」...
作家か行

五味康祐の「柳生武芸帳」を読んだ感想とあらすじ

未完であることを念頭に置いたほうがいい。それを念頭に置き、さらには複雑な印象を受ける作品だということも念頭に置いた方がいい。

2) 超面白い

飯嶋和一の「黄金旅風」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント 目の前で巨大な扉がギギィとゆっくりと閉っていくのを見ているかのような感じに襲われる。そして、最後の二ページは、扉がバタンと閉じた瞬間を見ているような感じですらある。 輝くような貿易黄金時代を象徴す...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました