幕末

作家あ行

浅田次郎の「輪違屋糸里」(下)を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★★☆ 糸里というのは子母澤寛「新撰組始末記」以外の文献には登場しないらしい。そもそも輪違屋にいたのかどうかも怪しいらしい。永倉新八も糸里という人物がいたことは証言しているが、はっきりしな...
作家な行

中村彰彦「落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎(下)」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

「第十六章 神のような人」を読むために、この小説はあるようなものだ。そして、こうした教師に出会っていたならば、確実に己の人生が変わっていたであろうと思わせる。秋月悌次郎とはそうした教師であった。
作家な行

中村彰彦「落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎(上)」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

幕末といえば、志士を扱った小説が多い。いわゆる武官肌の人物が多く描かれてきている。だが、本書は文官を主人公としている。会津藩士・秋月悌次郎。
作家ま行

村上元三の「岩崎弥太郎(下)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ 下巻では本格的に海運王としての道を歩む岩崎弥太郎の姿が描かれる。 だが、描かれる姿は決してきれいなものではない。三菱が成長した背後には台湾出兵や西南の役などでの大きな儲けがあ...
作家ま行

村上元三の「岩崎弥太郎(上)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ 三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎の生涯を描いた小説。弥太郎は本来「彌太郎」と書く。 岩崎弥太郎は土佐の地下浪人の子として生まれた。地下浪人とは土佐藩特有のもので、郷士株を売っ...
作家さ行

子母澤寛「勝海舟 明治新政」第6巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

最終巻では明治新政となり、徳川家が駿河七十万石に押し込められ、えらい苦労をする所が描かれている。この前には上野での彰義隊や、榎本武揚ら海軍の脱走などが描かれている。
作家さ行

子母澤寛「勝海舟 江戸開城」第5巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

第五巻は、文字通り江戸開城に至までの緊迫した期間を描いている。ひたひたと迫ってくる官軍に対して、勝麟太郎、大久保一翁は江戸を戦火から守るためにどうすればいいのかと智恵を絞る。
作家さ行

子母澤寛「勝海舟 大政奉還」第4巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

第四巻は薩長同盟がなってから、大政奉還、鳥羽伏見の戦いを経た所辺りまでが舞台となっている。十五代将軍徳川慶喜が、戦わずして大坂から逃げ帰り、小栗上野介らの主戦論者を廃して、勝麟太郎や大久保一翁といった能吏たちに事後処理を任せる時期である。
作家さ行

子母澤寛「勝海舟 長州征伐」第3巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

第三巻では幕末期の最も混乱した京が中心となる。麟太郎も江戸と大坂・京と忙しく行き来をする。神戸には海軍操練所と海軍塾を開き、坂本竜馬を筆頭に海軍養成の施設に力を入れる。だが、時代がそれに傾注させてくれない。
作家さ行

子母澤寛「勝海舟 咸臨丸渡米」第2巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

第二巻では咸臨丸での渡米から、幕末の動乱期を描いている。この巻で登場するのが坂本竜馬である。海軍を盛んに説いている勝麟太郎であるが、実は船にはトンと弱い。咸臨丸での渡米中も随分苦しんだらしい。この渡米のときの麟太郎の上司が木村摂津守である。