岩閒小熊

4) 面白い

池波正太郎の「剣客群像」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「群像」の名の付く三部作の一作。 「秘伝」諸岡一羽斎の弟子たちを巡る物語。同じ題材で「剣法一羽流」収録の「剣法一羽流」を書いているが、あてている焦点が異なるので、読み比べると面白いだろう。 ...
4) 面白い

藤沢周平の「決闘の辻(藤沢版新剣客伝)」を読んだ感想とあらすじ

剣豪もの。いずれもが有名な剣豪である。時系列で並べると、愛洲移香斎が最も古くなる。そして、この移香斎の弟子筋に上泉伊勢守がおり、その上泉伊勢守の弟子に柳生石舟斎宗巌がいる。つまり柳生但馬守宗矩の父である。
4) 面白い

池波正太郎の「剣法一羽流」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント この短編集が書かれたのは池波正太郎が直木三十五賞を受賞したすぐ後くらいである。 「冬の青空」「小泉忠男の手」「土俵の人」の三作は昭和の時代を舞台にしたもので、池波正太郎の作品の中では数少ない現代の...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました