山田風太郎

4) 面白い

山田風太郎の「柳生忍法帖」を読んだ感想とあらすじ

十兵衛三部作の第1弾。本作品と「魔界転生」「柳生十兵衛死す」で「十兵衛三部作」と言われる。忍法帖という割には、忍者が出てこないのも本書の不思議なところだが、
作家や・ら・わ行

山田風太郎の「忍法忠臣蔵」を読んだ感想とあらすじ

忠臣蔵を題材にした忍法帖。いかにして赤穂浪士の人数が減っていったのかを史実に沿って、それに忍法を絡めて展開していく。相変わらず、奇想天外でありながら、史実をそれほどゆがめずに進めていく展開能力は鬼才の一言に尽きる。
3) かなり面白い

山田風太郎の「甲賀忍法帖」を読んだ感想とあらすじ

甲賀と伊賀の四百年にわたる宿命の対決が、二人の男女によって終焉を迎えようとしていたまさにその時、戒めが解かれ、両者の忍法対決が始まろうとしていた。戒めが解かれたのは、勝った方に賭けたものを三代将軍にすると大御所・家康が決めたからであった…。

作家や・ら・わ行

山田風太郎の紹介と作品・著書

山田風太郎とその作品の紹介。兵庫県生まれ。本名は山田誠也(せいや)。伝奇小説、推理小説、時代小説のジャンルで活躍した。
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました