宮本昌孝

4) 面白い

宮本昌孝の「ふたり道三」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 斎藤道三による美濃の国盗りは道三一代のものではなく、父・長井新左衛門尉との父子2代にわたるという説が有力だそうだ。 これは岐阜県史編纂の過程で発見された「六角承禎条書写」によるものだそうだ。この古...
作家ま行

宮本昌孝の「風魔」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 文字通り、風魔小太郎を主人公とした小説。豊臣秀吉の時代から、徳川幕府開幕時期までが物語の時代である。 この時期の社会風俗については史料が少なく、よく分かっていないことが多いようで、小説でも扱ってい...
3) かなり面白い

宮本昌孝の「夏雲あがれ」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「藩校早春賦」の続編。 あれから六年。筧新吾、曽根仙之助、花山太郎左の三人にも少しずつ身辺の変化が起きている。 今回、仙之助の江戸出府が決まり、太郎左も将軍台覧の剣術大会への出場が決まって江...
4) 面白い

宮本昌孝の「藩校早春賦」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 続編に「夏雲あがれ」がある。 東海にあるわずか三万国の小藩を舞台にした少年三人の友情と成長を描いた物語。 三人とは筧新吾、曽根千之助、花山太郎左である。この三人が生きた時代とは次のように書か...
4) 面白い

宮本昌孝の「青嵐の馬」を読んだ感想とあらすじ

短編集。許婚を殺された勝子の仇討の話が「白日の鹿」、忍城の甲斐姫を扱った話が「紅蓮の狼」、徳川家康の甥で後北条家を継いだ保科久太郎の話が「青嵐の馬」である。
3) かなり面白い

宮本昌孝の「将軍の星-義輝異聞」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 短編集。足利家に絡む話が七話中六つ。 「前髪公方」は関東は伊豆にあった堀越公方の話。「妄執の人」は十代将軍であり同時に十二代将軍でもあった足利義材の話。冠に「義輝異聞」がついているのは、「剣豪将軍...
3) かなり面白い

宮本昌孝の「剣豪将軍義輝」を読んだ感想とあらすじ

塚原卜伝から一の太刀を授けられた剣豪であり、足利十三代将軍である足利義輝を主人公とし、その十二歳の時から、松永弾正と三好三人衆に殺されるまでの生涯を描いた小説。
作家ま行

宮本昌孝の紹介と作品・著書

略歴 (1955 - )宮本昌孝。時代小説作家、SF作家。日本SF作家クラブ会員。静岡県浜松市出身。日本大学芸術学部卒業。アニメ脚本家、漫画原作者などに従事し、一時期は虫プロ、すがやみつる事務所に所属。1987年「失われしものタリオ...
タイトルとURLをコピーしました