大己貴命

歴史上の人物

オオクニヌシとオオクニヌシを主祭神としている神社

オオクニヌシノミコト 日本神話の神。大国主神の信仰は出雲大社を中心に、縁結びの神として広まっている。「日本書紀」では、農業・畜産を興して医療・禁厭(まじない)の法を定めたとされる。「播磨国風土記」などでは農業神ともされている。 ...
寺社

【式内社】磐井神社の参拝録(東京都大田区)大森にある古社(東海七福神)

武蔵国八幡総社 磐井神社(いわいじんじゃ)は、東京都大田区大森北にある八幡宮。社格は旧郷社。「武蔵国八幡総社」とされる。 神社の創建年代等については不詳。敏達天皇の代に創建されたと伝えられる。 「日本三代実録」...
寺社

【式内社】氷川神社の総本社・大宮氷川神社の参拝録(埼玉県さいたま市)武蔵国一之宮

氷川神社の総本社 氷川神社(ひかわじんじゃ)は、大宮駅から歩いて行けるところにある。駅前の喧騒と神社の静寂とのコントラストが印象的で、参道の雰囲気がとても気持ちのいい神社。「大宮」の地名は、「大いなる宮居」である氷川神社に由...
寺社

【式内社】大洗磯前神社の参拝録(茨城県東茨城郡大洗町)オオクニヌシが神磯に降臨して再び国造りを宣言した古社

国造り縁の古社 大洗の水族館やひたち海浜公園に行く時に、南から北へ太平洋沿いに車で走ると出会う神社。 大洗にある古社。式内社の中でも名神大社という格式の高い神社。それもそのはずで、主祭神が大己貴命 (おおなむちのみこと...
天然記念物

神崎の大クスの訪問録と神崎神社の参拝録(千葉県香取郡神崎町)国指定天然記念物の大クス

こうざきのおおくす。神崎神社社殿の右わきにある。大正15年(1926年)に国の天然記念物に指定された。利根川図志や、牧野富太郎の著書などでも紹介された有名な巨木。主幹は明治40年(1907)12月の社殿火災のときに焼失した。そのため、地上から7mほどのところで切断されている。根本からでた5本の幹が親木をとり巻き、大きなものは樹高約25mになっている。

史跡・遺跡

佐助稲荷神社の参拝録(神奈川県鎌倉市)鎌倉最強の出世開運神社

鎌倉の佐助稲荷神社の紹介と写真の掲載。源頼朝の夢枕に立った神社はふたつあり、ひとつは銭洗弁財天、もうひとつがこの佐助稲荷神社。信者が奉納した無数の朱色の鳥居が林立しており、くぐりながら登っていく。

史跡・遺跡

増上寺の参拝録(東京都港区)上野の寛永寺と並ぶ徳川将軍家の菩提寺

増上寺の紹介と写真の掲載。増上寺には、二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂の、六人の将軍の墓所がある。
史跡・遺跡

赤坂氷川神社の参拝録(東京都港区)赤坂に鎮座する氏神様 江戸七氷川の筆頭

赤坂氷川神社の紹介と写真の掲載。もともとは赤坂四丁目のあたりにあったらしい。江戸七氷川に数えられ、その筆頭とされる。江戸氷川七社で現存するのは四社のみ。残り三社は不明。

史跡・遺跡

神田明神の参拝録(東京都千代田区)平将門の霊を鎮めるための神社。神田祭は江戸三大祭の一つ

神田明神の紹介と写真の掲載。正式名称「神田神社」。神田祭をおこなう神社。神田祭は、山王祭、深川祭と並んで江戸三大祭の一つ。江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ。江戸時代には「江戸総鎮守」として江戸のすべてを守護していた。
史跡・遺跡

【式内社】日光二荒山神社の中宮祠の参拝録(栃木県日光市)ここから男体山への登山がはじまる

おすすめのスポット。二荒山神社の中宮祠の紹介と写真の掲載。中宮祠は男体山中腹の中禅寺湖畔にある。「中宮祠」とは、本社と奥宮との中間にあるということである。
タイトルとURLをコピーしました