大友家と立花一族

歴史上の人物

立花宗茂:秀吉から忠義も剛勇も鎮西一と称えられた武将

立花宗茂(たちばな・むねしげ)略歴 永禄11年(1568)~寛永19年(1642)。74才。安土桃山時代から江戸時代前期の大名。 初名は宗虎、その後、統虎、鎮虎、正成、俊正、経正。剃髪後、立斎と号した。 筑前岩屋城主・高...
歴史上の人物

高橋紹運:雷神・立花道雪と並んで風神と称された武将

高橋紹運(たかはし・じょううん)略歴 天文17年(1548)~天正14年(1586)。39歳。戦国時代の武将。 名は鎮種(しげたね)。通称は孫七郎、官途は主膳正。入道して紹運。三河守。大友氏の年寄・吉弘鑑理(よしひろ・あきただ...
歴史上の人物

立花道雪:鬼道雪と呼ばれた大友家の軍神

立花道雪(たちばな・どうせつ)略歴 永正13年(1516)~天正13年(1585)。70歳。戦国時代の武将。 立花道雪で知られるが、生涯で立花姓を使ったことはない。戸次鑑連(べっき・あきつら)。幼名は八幡丸。号は道雪。戸次親家...
作家あ行

赤瀬川隼の「王国燃ゆ 小説 大友宗麟」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 九州のキリシタン大名・大友宗麟の人生を描いた小説。 戦国時代、多くのキリシタン大名がいたが、その多くは南蛮文化や貿易で得られる富を求めての俄かキリシタンだった。 宗麟もそうしたところから入っ...
作家な行

西津弘美の「高橋紹運 戦国挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 高橋紹運(たかはしじょううん)。立花宗茂の父である。 大友家末期、大友宗麟が豊臣秀吉に泣きついて軍勢を出してもらい、それが到着するまで、島津家を食い止めたのが、高橋紹運・立花宗茂親子であった。 ...
作家あ行

遠藤周作の「王の挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 九州を代表する戦国大名の一人、大友宗麟の生涯を描いた小説。大友宗麟はキリシタン大名としても知られ、遠藤周作氏らしい題材ともいえる。 小説は、大友宗麟の内面の葛藤に焦点を当てて進められていく。心の平...
4) 面白い

海音寺潮五郎の「武将列伝 江戸篇」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「真田幸村」といえば、真田十勇士が有名である。古いものには俗書にも見あたらないそうだ。わずかに作者も時代も不明の小説・真田三代記に穴山小助、由利鎌之助、三好新左衛門入道清海、同新兵衛入道為三、筧十蔵の名...
4) 面白い

海音寺潮五郎の「豪傑組」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「越前騒動」と「忠直卿行状記」が一種の続き物として読める。 その「忠直卿行状記」に登場する小山田多門。この小山田多門のような奸佞はいつの世にも現れる。そういう人物を海音寺潮五郎は恐ろしいという。 ...
4) 面白い

海音寺潮五郎の「剣と笛」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント バラエティに富んだ短編集である。 「剣と笛」は幸田露伴の晩年の作、「雪たたき」を発端とした作品である。幸田露伴の「雪たたき」の出典は足利季世記の一章「雪たたき」である。この足利季世記の一章「雪たた...
作家た行

童門冬二の「小説-立花宗茂」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 戦国武将としては二人の父の方が名前が知れているだろう。また、妻の誾千代も有名であるため、少し影の薄い印象のある立花宗茂であるが、ホォこういう大名なのかと初めて知る一面が多い小説である。 小説での立...
タイトルとURLをコピーしました