周公旦

作家ま行

宮城谷昌光の「太公望(下)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ 本作は作者にとって、特別の意味合いを持つ作品である。 作者には太公望を扱った小説が二作ある。「王家の風日」「甘棠の人」(「俠骨記」収録)である。 前作が処女作で、...
作家ま行

宮城谷昌光の「太公望(中)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ 太公望といえば有名なことわざがある。「覆水、盆に返らず」 太公望が周に仕官する前、女と結婚したが仕事もせずに本ばかり読んでいたので離縁された。 のちに、太公望が斉に封ぜられ...
作家ま行

宮城谷昌光の「太公望(上)」を読んだ感想とあらすじ

呂尚。別名は太公望。日本では釣り好きを指して太公望という。実態は、謎に包まれた人物である。なにせ、中国がまだ神の時代、伝説の時代の人物だから、わからないことが多い。
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました