古代ローマ

3) かなり面白い

リンゼイ・デイヴィス(密偵ファルコ3)「錆色の女神」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 何で監獄にぶち込まれなきゃならないんだ?監獄から出たと思ったら不動産業界の大物から変な依頼がくるし...。 おれは何の因果か知らんが、皇帝ウェスパシアヌスに謀反を起こそうとした連中の説得に駆けずり...
4) 面白い

リンゼイ・デイヴィス(密偵ファルコ2)「青銅の翳り」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 前作のまさに続き。銀の仔豚を巡り、皇帝ウェスパシアヌスへの謀反は抑えられたと思われた。だが、謀反の加担した人間たちは素早くローマを離れてしまった。 そして、ヘレナ・ユスティナの元亭主アティウス・ペ...
1) 最高

リンゼイ・デイヴィス(密偵ファルコ1)「白銀の誓い」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

覚書/感想/コメント おれはマルクス・ディディウス・ファルコ。密偵だ。この常に「おれ」という一人称で進む物語は、ファルコの自虐的なジョークが方々にちりばめられて、ニヤニヤしながら楽しめる。 おれが住んでいるのはアウェン...
3) かなり面白い

塩野七生の「ローマ人の物語 第10巻 すべての道はローマに通ず」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 本書はローマ人が築き上げたインフラストラクチャーのみを扱っている。面白く、歴史観光ガイドのようでもある。街道、橋、水道、医療、教育が中心で、すべてのインフラストラクチャーを扱っているわけではない。 ...
4) 面白い

塩野七生の「ローマ人の物語 第9巻 賢帝の世紀」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント この巻で取り上げるのはトライアヌス、ハドリアヌス、アントニヌス・ピウスの三人の皇帝である。五賢帝と呼ばれる時代であり、同時代のローマ人も黄金の世紀と呼んだ時代のことである。 塩野七生氏は困り果てて...
作家さ行

塩野七生の「ローマ人の物語 第8巻 危機と克服」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 本書で書かれているのは二十九年間分。皇帝ネロの死からはじまって、トライアヌスが登場するまでの期間である。この間に就いた皇帝はガルバ、オトー、ヴィテリウス、ヴェスパシアヌス、ティトゥス、ドミティアヌス、ネ...
4) 面白い

塩野七生の「ローマ人の物語 第7巻 悪名高き皇帝たち」を読んだ感想とあらすじ

カエサルに始まり、アウグストゥスが確立した帝政ローマ。教科書的にはアウグストゥスが初代とされるが、その初期帝政期においてユリウス=クラウディウス朝と呼ばれた皇帝たちを書いているのが本書。
歴史学雑記

西洋、東洋を舞台にした時代小説

西洋が舞台 西洋を舞台にした小説を書いている小説家 安達正勝遠藤周作佐藤賢一塩野七生藤本ひとみ ローマが舞台 リンゼイ・デイヴィス女史による「密偵ファルコ」というシリーズがあります。本国イギリスでは常に上位に入って...
2) 超面白い

塩野七生の「ローマ人の物語 第6巻 パクス・ロマーナ」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

本書の主人公はただ一人。アウグストゥス(オクタヴィアヌス)である。ローマ帝国が存続しているかぎり「神君アウグストゥス」と呼ばれた人物である。
1) 最高

塩野七生の「ローマ人の物語 第5巻 ユリウス・カエサル ルビコン以後」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

覚書/感想/コメント 教科書などで習うようなカエサルの業績、事績というのは、ルビコンを渡ったあとからのことがほとんどである。つまり、本書で取り扱っている部分である。 ドイツの歴史家モムゼンはカエサルを「ローマが生んだ唯...
タイトルとURLをコピーしました