剣豪

歴史上の人物

剣聖・塚原卜伝:生涯負けを知らなかった鹿島新当流の祖

塚原卜伝(1489-1571)は戦国時代の剣豪、兵法家。剣聖と呼ばれる。鹿島新当流(新当流、卜伝流、墳原(つかはら)卜伝流など)の始祖。卜伝の伝記は巷説が多く、生没年に諸説あることからも明らかでない。
歴史上の人物

飯篠長威斉家直は日本武道の源流の一つ「天真正伝香取神道流」の創始者

飯篠長威斉家直(いいざさ・ちょういさい・いえなお)。名は長意(ながおき)、家直。通称は山城守、伊賀守。日本の剣術は三大流派から始まったとされる。念流、陰流、そして神道流である。その神道流の祖である。正式名は天真正伝神道流(てんしんしょうでんしんとうりゅう)という。
NO IMAGE 歴史上の人物

中条兵庫頭長秀「中条流平法」兵法と言わずに平法と言うその心とは

中条流は兵法とはせずに、平法と称した。戦いをよしとはせず、剣はやむを得ない時のものとし、刀術の研鑽は平和を守ることであり、兵法は平法であらねばならないとした。
NO IMAGE 歴史上の人物

丸目蔵人佐長恵「タイ捨流」を興した上泉信綱の四天王と呼ばれた九州の剣術家

丸目蔵人佐長恵(まるめ・くらんどのすけ・ながよし)はタイ捨(たいしゃ)流の創始者として知られる。通称は蔵人佐(くらんどのすけ)、または石見守。丸目蔵人(まるめ・くらんど)の名で広く知られる。本姓は藤原。号は徹斎。晩年は剃髪して石見入道徹斎を名乗った。
NO IMAGE 歴史上の人物

上泉伊勢守信綱「剣聖」と呼ばれる新陰流を興した関東(上野国)の武人

「剣聖」と呼ばれる関東の武人・上泉伊勢守信綱。新陰流の祖。読みは「かみいずみ」または「こういずみ」。居城のあった前橋市上泉町は「かみいずみ」。「言継卿記」には大胡武蔵守または上泉武蔵守信綱で出ている。
NO IMAGE 作家あ行

池波正太郎の「上意討ち」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

剣豪ものが「卜伝最後の旅」、新選組関係が「剣友渡辺曻(のぼり)」「色」「龍尾の剣」。似た主題をあつかっているのが「恋文」「刃傷」。
NO IMAGE 作家あ行

池波正太郎の「剣客群像」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ 「群像」の名の付く三部作の一作。 「秘伝」 諸岡一羽斎の弟子たちを巡る物語。同じ題材で「剣法一羽流」収録の「剣法一羽流」を書いているが、あてている焦点が異なるので、読み比べ...
NO IMAGE 作家あ行

池波正太郎の「剣法一羽流」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ この短編集が書かれたのは池波正太郎が直木三十五賞を受賞したすぐ後くらいである。 「冬の青空」「小泉忠男の手」「土俵の人」の三作は昭和の時代を舞台にしたもので、池波正太郎の作品...
NO IMAGE 作家あ行

池波正太郎の「剣の天地」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

一城の主でありながら兵法を極めた武人でもあった伊勢守。一城の主としては、北条氏康とも戦い、武田信玄とも戦っている。このあたりの活躍は上州一本槍と呼ばれるほどの活躍をみせ、本書の見せ場の一つでもある。もう一つの見せ場は、剣豪としての見せ場であろう。物語の早い段階で、最後まで因縁のある十河九郎兵衛高種を登場させている。