佐藤賢一

4) 面白い

佐藤賢一の「ダルタニャンの生涯-史実の「三銃士」」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 文豪アレクサンドル・デュマの名作「三銃士」の主人公ダルタニャンは実在の人物であった。 そもそもデュマが「ダルタニャン氏の覚え書」という本を種本として、というより(佐藤賢一の表現では)盗作ぎりぎりで...
作家さ行

佐藤賢一の「赤目のジャック」を読んだ感想とあらすじ

通称「百年戦争」と呼ばれる時代に起きた、フランス中世最大の農民暴動であるジャックリーの乱を題材にしている。佐藤賢一は同じ百年戦争を題材にした小説を他にも書いている。

作家さ行

佐藤賢一の「ジャガーになった男」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 第6回小説すばる新人賞受賞作。 デビュー作がスペインを舞台にしているのは意外な気がしないでもない。後年直木三十五賞受賞するまでの間や、その後しばらくはフランスを舞台にしたものが多いためである。 ...
作家さ行

佐藤賢一の紹介と作品・著書

略歴 (1968-   )佐藤賢一。作家。山形県鶴岡市生まれ。東北大学大学院文学研究科を満期単位取得し、作家業に専念。1993年「ジャガーになった男」で第6回小説すばる新人賞。1999年「王妃の離婚」で第121回直木三十五賞。若手小...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました