佐江衆一

3) かなり面白い

佐江衆一の「江戸職人綺譚」を読んだ感想とあらすじ

錠前師、凧師、葛籠師、人形師、大工、化粧師、桶師、女刺青師、引札師の九つの職人の姿を描いており、その職業に打ち込む姿だけでなく、そこに様々な人間模様を織り込んだ短編集である。
作家さ行

佐江衆一の紹介と作品・著書

略歴 (1934 - )佐江衆一。作家。東京生まれ。栃木高校卒業後、書店員やコピーライター等をしながら文化学院卒業。北杜夫や中上健次などと同人の雑誌「文藝首都」で学ぶ。1960年「背」で新潮社同人雑誌賞。1961年の「繭」を皮切りに...
タイトルとURLをコピーしました