伝説

作家さ行

ジョーセフ・キャンベル「千の顔をもつ英雄」の読書備忘録(要約と紹介と感想と)

千の顔をもつ英雄 本書の目的は、世界中のおとぎ話や神話を多く引用して、神話が持つ本来の意味が自然と分かるようにし、擬人化されて語られる物語の真の姿を明らかにすることである。 その謎を解く鍵として精神分析の手法を取り入れ...
歴史上の人物

美福門院(藤原得子)と玉藻前(九尾の狐伝説)

玉藻前(たまものまえ)とは、平安時代末期に鳥羽上皇の寵姫であったとされる伝説上の人物。モデルは藤原得子(美福門院)といわれる。九尾の狐の化身であり、正体を見破られた後、下野国那須野原で殺生石になったとされる。

寺社

玉藻稲荷神社の参拝録(栃木県大田原市)九尾の狐の伝説

玉藻稲荷神社の紹介と写真の掲載。那須には九尾の狐にまつわる伝説がある。もっとも有名なのは、那須岳の殺生石。この神社はひっそりと、それと知られていない、隠れた「九尾の狐」伝説にまつわる神社。

スポンサーリンク
作家ま行

宮城谷昌光の「沈黙の王」を読んだ感想とあらすじ

「沈黙の王」は文字以前の時代、商のお話し。「地中の火」は夏王朝初期。「妖異記」「豊穣の門」は周末期の混乱。「鳳凰の冠」は夏妃の子、孫の代に関わる物語
史跡・遺跡

戦場ヶ原の訪問記(栃木県日光市)神話の世界の風景

神話の「戦場」 戦場ガ原の名前は、神話の「戦場」だったことに由来するそうだ。 下野国の二荒神と上野国の赤城神がそれぞれ大蛇(男体山)と大ムカデ(赤城山)に化けて戦った戦場であるというもの。 争いの原因は中禅寺湖を巡る領...
史跡・遺跡

殺生石の訪問録(栃木県那須町)九尾の狐が閉じ込められているという伝説の地

鳥羽上皇が寵愛した伝説の女性、玉藻前(白面金毛九尾の狐の化身)が正体をあらわし、数万の軍勢によって殺害され、石となったという逸話がある。

作家ま行

宮城谷昌光の「太公望」を読んだ感想とあらすじ

呂尚。別名は太公望。日本では釣り好きを指して太公望という。実態は、謎に包まれた人物である。なにせ、中国がまだ神の時代、伝説の時代の人物だから、わからないことが多い。
史跡・遺跡

明智平の訪問録(栃木県日光市)南海坊天海が名付けたという伝説のある場所

明智平 日光の明智平からのロープウェイ 明智平は江戸時代初期の南光坊天海が名付けたという伝説もある。 天海=明智光秀説というのがあり、天海が明智の名前を残すために明智平と名付けたという伝説がある。 写真ギャラリー ...
3) かなり面白い

ドナ・ウールフォーク・クロスの「女教皇ヨハンナ」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 女教皇ヨハンナは855年から858年まで在位したとされるローマ教皇である。中世の伝説とされる。かつてはその存在を広く知られ、事実として認められていた。 カトリック教会はその存在を否定し、学者も伝説...
史跡・遺跡

太平寺の参拝録と龍門の滝の訪問録(栃木県那須烏山市)蛇姫伝説の地

境内には川口松太郎の小説「蛇姫様」のモデルとなった「お六姫」の墓がある。同小説は1959年(昭和34年)渡辺邦男監督、市川雷蔵主演で映画化されている。

スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました