井上祐美子

作家あ行

井上祐美子の「臨安水滸伝」を読んだ感想とあらすじ

南宋の臨安を舞台に、岳飛将軍亡き後、その隠し財産を巡って繰り広げられる権力闘争とそれに巻き込まれる夏家の風生と資生たちの話。タイプの違う夏家の面々のキャラクター勝負という感じであろうか。また、武侠小説という側面もある。
作家あ行

井上祐美子の紹介と作品・著書

略歴 (1958 - )井上祐美子(いのうえ ゆみこ)。作家。兵庫県姫路市生まれ、神戸大学教育学部卒。1990年「虹の瞳きらめいて」で作家デビュー。「長安異神伝」「五王戦国志」「桃花源奇譚」シリーズなどで人気を博し、本格的な中国歴史...
タイトルとURLをコピーしました