テーマ:飛鳥時代(律令国家の形成と白鳳文化)

この記事は約8分で読めます。

律令国家の形成

皇親政治

大海人皇子は673年に飛鳥浄御原宮で即位し天武天皇となります。

天武天皇は即位後1人の大臣も置かず、皇后(のちの持統天皇)や皇子(草壁皇子、大津皇子、高津皇子ら)たちと政治を行いました。

豪族を新しい支配体制に組み入れようとしたのです。律令国家体制の成立まで続いた政治体制を皇親政治といいました。

  • 681年:律令の制定に着手します。
  • 684年:八色の姓を定め、皇室との遠近に応じて豪族を新しい身分に位置付けます。

天武天皇は律令のほか、国史の編纂(681年)にも着手します。

また、藤原京の造営にも着手していましたが、律令制定、国史編纂、都城建設の諸事業の完成を見ないまま亡くなります。

天武天皇が亡くなると、皇后だった持統天皇が受け継ぎます。

  • 689年:飛鳥浄御原令を施行し、藤原京の造営を進めます。
  • 694年:飛鳥から藤原京に都を移します。

藤原京ははじめての中国風の都城でした。東西5.3km、南北4.8kmの巨大都市と推定されています。

なお、史上初めて上皇になったのは持統天皇でした。平安末期の上皇とは異なり、持統天皇が上皇となったのは、15歳で即位した文武天皇を補佐するためでした。

本郷和人氏によれば、持統天皇が追及した政治上の使命は、主に二つあったと考えられます。一つは律令制に基づいた統一国家の建設です。もう一つが天皇氏の皇位継承を中国に倣って親から子への長子相続の世襲にすることです。

大宝律令

持統天皇は天皇位を孫の文武天皇に譲り、太上天皇として天皇を後見しました。この時代になり、律令国家としての形が整います。

  • 701年(大宝元):刑部皇子・藤原不比等らによって大宝律令が制定されます。
  • 718年(養老2):藤原不比等らによって養老律令が制定されます。

天皇が父子直系で受け継がれる原則もこの頃です。

7世紀末から8世紀初めに、我が国は日本を称します。「唐書」にも倭から日本へ国号を採用します。

中央と地方の官制

  • 律:刑法にあたるもの
  • 令:行政組織や官吏の服務規定などを定めたもの

律は唐の律をほぼ受け継ぎましたが、令は日本の国情にあわせて作られました。本郷和人氏によると、日本には科挙がなかったため、「家」を基本とした世襲で役人が選ばれていました。

中国では皇帝が徳をもって天下を治めるため、社会秩序としての礼が最も重んじられました。それを破る者を法で罰することが基本とされたため、律が重視されました。

日本では国家の行政制度を整えるために取り入れられましたので、令が重んじられ、日本の国情にあうように修正されました。

政治を行う太政官は、太政大臣、左大臣、右大臣、大納言の三位以上の公卿が中心です。ついで、中納言、参議が設けられます。

政治は合議で決められ、天皇の裁可を受け、八省によって施行されました。

律令は、格(きゃく)や式(しき)を出すことで日本の社会に合わせる努力が続けられます。

  • 官位相当の制:官吏は位階に応じた官職に任命されました。官職に応じて、位禄・季禄、位田・職田などが与えられました。
  • 蔭位の制:五位以上の貴族の子や三位以上の子と孫は、父や祖父の位階に応じて一定の位階と官職が与えられました。
  • 刑罰:笞、杖、徒、流、死の五刑がありましたが、貴族と官吏は重い罪でなければ、実刑は科されませんでした。免職や罰金で済ますことができたのです。

本郷和人氏によれば、氏社会から家社会へ転換する上で重要なのが、律令に加えられた「蔭位の制」です。これにより、父の位階に応じて子に位階を授ける形になります。

藤原不比等の四人の息子は三位以上に昇進し、「家」を持つことになりました。藤原四家の起源です。日本社会における「氏」から「家」への転換の始まりでした。

行政区

畿内・七道に分けられ、国・郡・里が設けられ、国司・郡司・里長が任じられました。

国司は国造など地方豪族などから任命された郡司をひきいました。

戸籍・計帳に人民を登録し、50戸ごとに1里を編成します。

京には左京職(しき)、右京職を置き、摂津には難波を管理する摂津職、九州には太宰府を置き、外交・軍事、諸国の統轄をさせました。

班田収授法

6歳になると男女ともに一定面積の区分田が与えられました。

班田は6年ごとにつくられる戸籍に基づいていました。

区分田は一生耕作ができましたが、売買は禁じられていました。

区分田の面積

  • 男子:2反(約11.7アール)
  • 女子:男子の3分の2
  • 私有の奴婢:良民男女の3分の1

田地は条里制によって区画されていました。

死者の田はつぎの班田の年に国家に返されました。

農民は国家に対して租・調・庸、雑徭・兵士役などの義務を負いました。

  • 租:区分田にかけられ、規定の収穫量の3%の稲を地方の倉におさめました。
  • 調:絹・布をはじめとする政府指定の地方産物
  • 庸:中央での労役である歳役の代わりに布や米などを出すもの
  • 雑徭:国司が徴発する地方の労役
  • 兵士役:各地の軍団に勤務するもので、一部は衛士や防人となって、都や九州の防衛にあたった

調・庸以下は正丁(せいてい)と呼ばれる成年男子に人別に課せられました。

公出挙として春に租稲の一部を農民に貸し付け、秋の収穫の際に5割の利息をつけて返納することも行なっていました。

この利息分を地方政治の財源にあてました。

強制的な貸付のため、農民の重い負担となります。

身分制度

大きくふたつに分けられていました。

  • 良民:一般の農民
  • 賤民:五色の賤(陵戸、官戸、家人、公奴婢、私奴婢)

身分によって、区分田や労役などの権利・義務に違いがありましたが、日本では数も少なく、身分上の区別も曖昧でした。

白鳳文化

仏教

6世紀に伝わった仏教は、はじめ豪族たちに信奉され、7世紀初めの飛鳥時代には、畿内の豪族たちが祖先の供養、病気を治すため氏寺を建てました。

  • 蘇我氏の飛鳥寺(法興寺)
  • 聖徳太子の四天王寺・斑鳩寺(法隆寺)
  • 秦氏の広隆寺

聖徳太子の仏教の師は、高句麗の僧・慧慈と言われます。聖徳太子みずからまとめたとされる三経義疏(さんぎょうのぎしょ)は法華経、維摩経、勝鬘経の注釈書で、手本は南朝の梁にあると言われます。

神祇制度

天武天皇は伊勢神宮を中心とする神祇制度を整備します。大嘗会の制を確立します。

飛鳥文化と白鳳文化

7世紀初めに氏寺が建立された時期の文化を飛鳥文化と呼びます。

中国の南北朝と朝鮮3国の文化の影響を強く受けています。

  • 法隆寺金堂釈迦三尊像(鞍作鳥(止利仏師))
  • 中宮寺の半跏思惟像
  • 広隆寺の半跏思惟像

7世紀後半の文化を白鳳文化と呼びます。

仏教は朝廷内部でも正式に信仰されるようになります。

舒明天皇の百済大寺(天武天皇の時に大官大寺に名称がかわります)
官寺:川原寺や薬師寺

676年:天武天皇は国家仏教の政策を取り始めます。

地方に金光明経などの護国の経典を配り、僧尼の統制を厳しくしました。

  • 薬師寺金堂薬師三尊像
  • 法隆寺金堂壁画

奈良時代になると塔、金堂、講堂、僧房、経蔵、鐘楼、食堂を七堂に数えるようになります。

薄葬令

7世紀には古墳唐氏寺が権威の象徴となりました。

氏寺は畿内を中心に、九州北部から北陸、関東北部までおよぶようになります。

646(大化2)年にいわゆる薄葬令を出して、古墳の大きさを制限します。

これは古墳が豪族の身分をあらわす意味を持たなくなっていたからです。

7世紀末か8世紀初めと言われる飛鳥地方の高松塚古墳は身分の高い人のものと思われますが、小さな円墳でした。

この頃に仏教による火葬の風習が広まり、古墳は姿を消していきます。

宮廷歌人

白鳳時代に百済から漢学の教養を身につけた王族・貴族が渡ってきた影響もあり、宮廷で漢詩文が盛んになります。

大友皇子や藤原不比等らの作品が残っています。

漢詩文などの影響で日本の古い歌謡の形式が整い、和歌として五七調の長歌や短歌が発達します。

これに伴い、万葉仮名が定着します。

  • 天智天皇
  • 額田王
  • 柿本人麻呂

日本史論述問題の過去問

都の変遷・藤原京

  • 2018年東大:中国の都城にならって営まれた日本古代の宮都は、藤原京(694~710年)にはじまるとされます。それまでの大王の王宮のあり方と比べて、藤原京ではどのような変化が起きたのか。律令制の確立過程における藤原京の歴史的意義にふれながら問われました。
  • 2018年阪大:日本古代には都の場所がたびたび変わりました。7世紀半ばから8世紀半ばにおける都の変遷について問われました。
  • 2012年一橋:律令国家の形成とともに中国に倣って都城が建設されましたが、都城にはどのような人々が居住し、その生活を経済的に支えていたのは何であったかを問われました。

参考文献

テーマ別日本史

原始・古代

古代国家の形成~律令国家の変質

中世(鎌倉時代~室町時代)

武家社会の形成

近世(江戸時代)

近代・現代(明治時代~)

タイトルとURLをコピーしました