2015年に発表された研究結果

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「アーク」の発見

全米が熱狂した“究極の財宝”の発見劇 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

全米が熱狂した“究極の財宝”の発見劇 | テレビ
今回の発掘プロジェクトで狙う「1715スペイン財宝船団」。今から300年前にハリケーンによってバミューダ海域に沈んだこの船の財宝はいくつか引き上げられているが、まだ海底には現在の価値に直して300億円近くのク…

インディ・ジョーンズでも取り上げられた「アーク」が発見されたという。

スペイン王妃の秘宝

その目玉が、「アーク」と呼ばれる黄金の装飾品だ。アークとは「聖体容器、聖(せい)櫃(ひつ)、聖体箱」と呼ばれ、キリストの絵や分身、聖書の言葉を入れて飾られた装飾品の1つである。有名なインディ・ジョーンズの映画「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」もこのアークの事を指している。アークは棺のような大きな物から、小さなケースまで形や大きさはさまざまだ。

スポンサーリンク

古い地図も見られる「ゼンリンバーチャルミュージアム」

江戸開府以前から昭和後期までの貴重な古地図をブラウザで見まくることが可能な「ゼンリンバーチャルミュージアム」

江戸開府以前から昭和後期までの貴重な古地図をブラウザで見まくることが可能な「ゼンリンバーチャルミュージアム」
日本最大手の地図制作会社のゼンリンがこれまでに収集した国内外の古地図をデジタル化して公開しているサービスが「ZENRIN Virtual Museum」です。江戸開府以前から昭和後期までに作成されたさまざま種類の地図が約220個も公開されているとのことなので、実際に古地図を見まくってみました。

時間があるときにぜひ眺めてみたいものだ…。

日本最大手の地図制作会社のゼンリンがこれまでに収集した国内外の古地図をデジタル化して公開しているサービスが「ZENRIN Virtual Museum」です。江戸開府以前から昭和後期までに作成されたさまざま種類の地図が約220個も公開されているとのこと

スポンサーリンク

文化庁「文化財オンライン構想」

スマホで見られるようにするという。

スマホで国宝をリアルに鑑賞 文化庁「文化財オンライン構想」が進む
文化庁は全国の博物館や美術館などが所蔵する国宝や重要文化財のほか、国指定文化財(史跡名勝天然記念物、歴史的建造物、無形文化財など)をデシタル高精細画像や動画で国内外に紹介する「文化遺産オンライン構想」の整備を進めている。既に東京、京都、奈良、九州の国立博物館4館が所蔵するすべての国宝(130件)と重要文化財(952件)...

文化庁は全国の博物館や美術館などが所蔵する国宝や重要文化財のほか、国指定文化財(史跡名勝天然記念物、歴史的建造物、無形文化財など)をデシタル高精細画像や動画で国内外に紹介する「文化遺産オンライン構想」の整備を進めている。

奈良県明日香村で、7世紀中頃の巨大な古墳の遺構発見

古代ロマンのはなし。

奈良県明日香村で7世紀中頃と推定される巨大古墳の一部が見つかったとのこと。
古墳は一辺50メートル以上あり、国内最大級の方墳とみられる。

天智天皇の父・舒明天皇の墓の可能性が高いそうだ。

古代神話のオシリスの墓を発見

古代ロマンのはなし。

こちらは海の向こうのエジプトの話。

ルクソールのネクロポリス(死者の町)で、古代神話オシリス神の墓を模した墓が見つかった。

3200年前のものだという。

古代神話に描かれたオシリス神の墓の記述が完璧に再現されており、ネクロポリス群の中でも異色の存在だそうだ。

イースター島文明は自然によって淘汰された

遺跡調査による裏づけによるものだそうだ。

ヨーロッパ人が持ち込んだ病気によるものではなく、その前から島が人口を支えきれなくなっていたらしい。

もっとも、ヨーロッパ人が持ち込んだ病気でダメ押しをしたことにはなるようだが…。

中国「千島湖」の下に1300年前の城

海中にしずむ古代遺跡というロマンあふれる記事

中国の人気スポットランキングTOP30 | RETRIP[リトリップ]
中国のスポットを探すならRETRIPで。このページには「中国」に関するまとめ記事、スポットが掲載されています。「中国」に関するスポットを人気順でご覧いただけます。

中国の浙江省杭州。千鳥湖(せんとうこ)。

後漢王朝時代に建てられた城が沈んでいるが、1950年代、ダムの建設のために意図的に沈めらたそうだ。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました