村上元三の紹介と作品・著書

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

略歴

(1910 – 2006)
村上元三(むらかみ げんぞう)。小説家。朝鮮元山生まれ。青山学院中等部卒。
1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった「利根の川霧」でデビュー。
浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書き、梅沢の紹介で長谷川伸に師事する。

1941年、長谷川伸主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、「上総風土記」で直木三十五賞受賞。
戦後の朝日新聞夕刊に当時タブーだった剣豪小説「佐々木小次郎」を掲載し、大衆文学復興の旗手となる。
1934年「利根の川霧」でサンデー毎日大衆文芸賞佳作入選
1941年「上総風土記」で第15回直木三十五賞
1965年NHK放送文化賞
1974年紫綬褒章
1981年勲三等瑞宝章

スポンサーリンク

紹介している小説

  1. 戦国風流 前田慶次郎
  2. 岩崎弥太郎
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました