天下人豊臣秀吉に抵抗した唯一の大名、奥州葛西氏を描いた小説

この記事は約1分で読めます。

ひょんな事から知った小説を紹介。
実は読んだことはない。
だが、興味の惹かれるもの。
「日和の城」佐藤昭浩著(北の杜編集工房創立10周年特別企画)
以下、北の杜編集工房のホームページから引用。

天下人豊臣秀吉に抵抗した唯一の大名、奥州葛西氏。
豊富な資金と物量を背景に、伊達政宗はおろか、徳川家康までを利用し葛西家再興をはかる石巻日和山城主、赤井備中守。
己の信念のもとに戦に明け暮れる若き金ヶ崎城主、小野寺信義。
あらぬ嫌疑をかけられ、無念にも自刃した野蒜浅井城主、長江月鑑斎。
さまざまな思惑を孕みながら悲劇はまたくりかえされる。

とてもめずらしい題材を扱っているのに惹かれる。
戦国から安土・桃山時代の奥州が舞台というとどうしても伊達政宗が思い出され、他には高橋克彦氏の「天を衝く」くらいしか思い浮かばない。
ある意味マイナー地域であるが、こうした地域の歴史小説を世に出すというのは実に意義のあることだと思う。
マイナーな地域にマイナーな人物…。
どこかで聞いたような…。
そうそう、和田竜氏の「のぼうの城」もこの類である。だが、面白かった。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました