鶴岡八幡宮の参拝録(神奈川県鎌倉市)若宮大路から舞殿まで[国の史跡]

若宮大路の段葛史跡・遺跡
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

若宮大路

鎌倉駅を降りて、鶴岡八幡宮へ向かう。

今日の散歩コースは、行ったことのない、鶴岡八幡宮の奥。

方向でいえば、鶴岡八幡宮を正面にして、右奥の方面。さて、何があるのか。

まずは若宮大路を鶴岡八幡宮目指して散歩♪

若宮大路(わかみやおおじ)。鎌倉の由比ヶ浜から鶴岡八幡宮に通じる参道。国の指定史跡

1180年(治承4年)。

源頼朝は先祖源頼義が創建した由比郷鶴岡の由比若宮(現在の材木座の元八幡)を小林郷北山に遷座して「鶴岡八幡宮新宮若宮」とし、鶴岡八幡宮を中心とした街づくりをはじめた。

1182年(養和2年)。

源頼朝が妻・政子の安産祈願のため造られたのが若宮大路。

平安京の朱雀大路を参考にしている。

3つの鳥居があり、由比ヶ浜側から「一の鳥居」「二の鳥居」「三の鳥居」という。

二の鳥居から三の鳥居までの間は、盛土によって道の中央が一段高くなっており、段葛(だんかずら)と呼ばれる。

遠近法が採用され、鶴岡八幡宮に近づくほど道幅が狭くなっている。

スポンサーリンク

源平池

定番だが、鎌倉に来たからには鶴岡八幡宮をお参り。

この日は写真を撮るのも目的のため、源平池をしげしげと眺めてみる。

北条政子が掘らせたと伝わる池。
源氏池には島が3つ、平家池には島が4つ浮かび、それぞれ産と死を表すという。
源氏池の島には旗上弁天社がある。

若宮大路の造営と同じくして源平池の造営も行われた。

源平池を横切るように作られている石造の橋。創建当時は木造で、朱塗りだったため「赤橋」と呼ばれた。

北条氏の庶流・赤橋家の苗字はこの橋の名称に由来する。

スポンサーリンク

さざれ石

源平池には、姫石とさざれ石というものがある。

源頼朝が政子の安産を祈ったとされる石で、別名「姫石」と呼ばれる霊石。古来より縁結びの霊験があり、夫婦円満の祈願石とされている。

国歌「君が代」に詠まれている「さざれ石」。昭和36年、岐阜県春日町で、小林宗一氏によって発見され、昭和52年に岐阜県の天然記念物に指定されている。このさざれ石は、昭和56年に発見者小林宗一氏のご子息文治氏より奉納されたもの。

主祭神:応神天皇、比売神、神功皇后

大銀杏跡

それでは鶴岡八幡宮をお参り。

この時は、ちょうど大銀杏が倒れて間もないころ。

大石段が、広く思えた…。

大石段は61段ある。

登りきると桜門があり、拝殿につながる本宮がある。

鶴岡八幡宮の大銀杏。倒れた後…。

大銀杏には伝説がある。

鎌倉時代の建保7年(1219年)。源頼家の子で八幡宮の別当を務めていた公暁がこの銀杏の木に隠れて待ち伏せ、源実朝を殺害したというもので、そのためにこの大銀杏には隠れ銀杏という別名がある。

平成22年(2010年)。強風のために大銀杏は根元から倒れた。

流鏑馬

この場所で流鏑馬が行われる。

見たことがないので見てみたい気もするが…。

そのうち!

鶴岡八幡宮の流鏑馬馬場は、1187年(文治3年)に造営された。

鶴岡八幡宮の境内中央付近を東西に走る流鏑馬馬場は、旧鎌倉道といわれている。

舞殿

この日、全くの偶然だが、イベントがあった。

いつもなら通り過ぎる場所だが、めったにない機会なので、写真、写真!

で、

なにをやっているのだろうか?

鶴岡八幡宮の舞殿。下拝殿ともいう。1193年(建久4年)に新造された。

静御前が舞ったところという伝承があるが、静御前が舞ったのは若宮廻廊で、舞殿はその若宮廻廊の跡地に建てられている。

江ノ島・鎌倉七福神

御霊神社」 福禄寿(ふくろくじゅ)
「本覚寺」  夷尊神(えびすそんじん) 
「妙隆寺」  寿老人(じゅろうじん)
浄智寺」  布袋尊(ほていそん)
鶴岡八幡宮」旗揚弁財天(はたあげべんざいてん)
「江島神社」 江島弁財天(えのしまべんざいてん)
「宝戒寺」  毘沙門天(びしゃもんてん)
長谷寺」  大黒天(だいこくてん)

七福神を巡る|鎌倉・江の島七福神
鎌倉・江の島七福神の紹介。次のコースがお勧めのようです。北鎌倉出発で、江ノ島着のルートです。逆もありです。ところどころ電車を使うのが効率的です。

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました