光則寺の参拝録(神奈川県鎌倉市)小さな長谷の花のお寺

史跡・遺跡
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

日蓮ゆかりの花の寺

日蓮の佐渡配流の時のこと。
鎌倉幕府5代執権北条時頼は、弟子の日朗も捕らえ家臣の一人宿屋光則邸の土牢に監禁させた。
光則は、弟子の身を案ずる日蓮に心を打たれ、のちに帰依したと伝えられる。
鎌倉時代の文永11年(1274年)、日蓮の放免後に自邸を寺に改め、日朗を開山に迎えに創建した。

文永元年(1260年)には「立正安国論」が、宿屋光則の父宿屋行時から北条時頼に建白されている。
山門を入ると、日蓮が北条時頼に『立正安国論』を提出した経緯が記された「立正安国論御勘由来聖筆碑」が立っている。

山門の右には、宿屋光則の屋敷跡であることを示す碑が立っており、裏山には日朗が幽閉された土牢がある。

所在地 神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
山号 行時山
宗派 日蓮宗
開基 日朗
本尊 十界曼荼羅

スポンサーリンク

写真ギャラリー

スポンサーリンク

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました