稲村ケ崎の訪問録(神奈川県鎌倉市)新田義貞の徒渉伝説地として知られる[国の史跡]

国指定特別史跡・国指定史跡
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

徒渉伝説

元弘3年(1333年)。
新田義貞は挙兵からわずか2週間で鎌倉を包囲する。

軍勢を3つにわけて攻撃するが、鎌倉は天然の要害に守られているために、いずれも攻撃が失敗に終わる。
攻撃は化粧坂切通し、極楽寺坂切通し、巨副呂坂切通しの3方から行われた。

軍勢を立て直し、新田義貞は稲村ケ崎を突破し、鎌倉へとなだれ込んだ。
この際に、稲村ケ崎で義貞が潮が引くのを念じて剣を投じると、その後潮が引いて干潟となったので岬の南から鎌倉に攻め入ったという伝説が『太平記』に記されている。
鎌倉になだれ込んだ義貞軍は幕府軍を壊滅し、執権北条高時ら北条一族と残党は東勝寺で自害する。
唱歌「鎌倉」の「七里ヶ浜の磯伝い 稲村ヶ崎名将が剣投ぜし古戦場」はこの徒渉伝説を指している。

1934年(昭和9年)国の史跡に指定

アクセス:江ノ電「稲村ケ崎駅」下車、徒歩3分

動画

スポンサーリンク

写真ギャラリー

スポンサーリンク

新田義貞を描いた小説

新田次郎新田義貞

新田次郎の「新田義貞」を読んだ感想とあらすじ
覚書/感想/コメント鎌倉幕府を倒した功労者の一人、新田義貞を主人公とした正統派の歴史小説。後に室町幕府を築いた足利尊氏とは年も近く、ともに源氏の名門の嫡子という共通点もある。鎌倉幕府の倒幕に論功があったのも同じであるが、時の流れに翻弄され、

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました