テーマ:縄文時代と弥生時代

この記事は約3分で読めます。

弥生土器が縄文土器の上の層から出土したり、青銅器とともに出土することが確かめられ、弥生土器が用いられた時代という意味で、縄文時代の次に弥生時代が設定されました。

しかし、縄文土器と弥生土器は技術の点から、いずれもロクロを用いず、野焼きであるため、本質的な変化はなく明確な区分ができません。

そのため、時代を区分する指標にはふさわしくないと主張され、縄文時代と弥生時代は、採取経済か濃厚経済かという経済基盤の違いをもとに区分されることになりました。

そして、それぞれの時代の土器を、縄文土器、弥生土器と呼ぶのが一般的になりました。

縄文文化

完新世に入ると、日本列島の気候は暖かくなり、氷河が溶け、小形の動物が増え、食料が豊かになります。

この時代に土器を伴う新しい文化が生まれます。縄文土器です。最古の土器は約12000年前と推定されています。

この文化は縄文文化と呼ばれ、新石器時代に属します。

道具

縄文土器

  • さまざまな形と文様
  • 低温で焼かれた
  • 厚手の黒褐色、茶褐色
  • もろい

石器

  • 打製石器
  • 磨製石器(石槍、石鏃、石斧)

狩猟

  • 弓矢
  • 骨角器(釣針、銛)

貝塚の研究からわかる縄文カレンダー

  • 春から初夏 潮干狩り
  • 秋から冬 土器作り、狩猟
  • 冬から春 漁労

弥生文化

紀元前4世紀ころ、九州北部に水稲耕作と青銅器・鉄器を特徴とする農耕文化が生まれます。

弥生土器を伴うことから弥生文化と呼ばれます。3世紀頃まで続きます。

大陸では漢民族が東方に伸びる時期にあたり、この頃に朝鮮半島から多くの人々が渡来したものと考えられています。

弥生土器

  • 薄手
  • 赤褐色
  • 硬い

水稲耕作

水稲耕作は100年ほどで近畿地方まで広がります。

紀元前後には関東地方から東北地方南部に広がります。

2世紀頃には東北地方北部まで広がります。

低湿地を利用した湿田
 ↓
やや高い地にも広がる

静岡県の登呂遺跡

籾は直播き

用具

  • 木製農具(木鋤、木鍬、田下駄)→鉄の刃先をつけた鋤、鍬
  • 稲を刈り取る石包丁→鉄鎌
  • 脱穀の木臼、竪杵

日本史論述問題の過去問

生活

  • 2017年阪大:更新世(洪積世)から完新世(沖積世)への移行にともなって自然環境が変化し、日本列島には豊かな縄文文化が育まれました。自然環境の変化と関連付けながら、縄文時代における採集・狩猟・漁労のあり方について問われました。
  • 2007年京大:考古資料(遺構や遺物)を具体的な証拠として示して、縄文時代と弥生時代の主要な生業の違いが問われました。
  • 1982年東大:弥生時代のある集落の遺跡について紹介文を読み、自然環境から想像して集落がたどった興亡の歴史が問われました。

稲作

  • 1997年京大:稲作農耕は弥生時代の始まりを示すひとつの重要な事象ですが、その始まったばかりの米作りの作業は比較的完成された形態をとっていたと考えられています。播種から収穫までの当時の米作りのようすを、知られている農耕具の名を具体的に3つ用いて描写することが問われました。
  • 1979年一橋:4世紀から17世紀にいたる間の、水田稲作農業の技術的発展について、下線の部分に即して具体的に記すとともに、その農業に従事していた農民たちの村落組織の変化を、その技術的発展との関連で問われました。

参考文献

タイトルとURLをコピーしました