近世日本の教育遺産群─学ぶ心・礼節の本源─ 日本遺産

この記事は約1分で読めます。

概要

茨城県水戸市、栃木県足利市、岡山県備前市、大分県日田市の複数地域にまたがる日本遺産です。

2015年4月24日に認定されました。

我が国では、近代教育制度の導入前から、支配者層である武士のみならず、多くの庶民も読み書き・算術ができ、礼儀正しさを身に付けるなど、高い教育水準を示した。

これは、藩校や郷学、私塾など、様々な階層を対象とした学校の普及による影響が大きく、明治維新以降のいち早い近代化の原動力となり、現代においても、学問・教育に力を入れ、礼節を重んじる日本人の国民性として受け継がれている。

https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/stories/story001/
日本遺産 近世日本の教育遺産群 ―学ぶ心・礼節の本源―
我が国では、近代教育制度の導入前から、高い教育水準を示しました。これは、藩校や郷学、私塾など、様々な階層を対象とした学校の普及による影響が大きく、明治維新以降のいち早い近代化の原動力となり、現代においても、学問・教育に力を入れ、礼節を重んじる日本人の国民性として受け継がれています。

構成文化財

茨城県水戸市

栃木県足利市

岡山県備前市

  • 旧閑谷学校
  • 釈菜
  • 備前国和気郡井田村延原家文書
  • 熊沢蕃山宅跡
  • 井田跡

大分県日田市

  • 咸宜園跡
  • 日田市豆田町重要伝統的建造物群保存地区
  • 廣瀬淡窓旧宅及び墓
  • 長福寺本堂
  • 桂林園跡
  • 咸宜園関係歴史資料
タイトルとURLをコピーしました