池波正太郎の「賊将」を読んだ感想とあらすじ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

覚書/感想/コメント

★★★★★★★☆☆☆

直木三十五賞受賞直前の作品を集めた短編集。

「応仁の乱」は池波正太郎にしては珍しい題材。だが、この当時の作者の意気込みが十分に伝わる作品である。後年の池波作品とは趣が異なるので、興味深い作品でもある。

「刺客」は真田騒動を題材にした小説。「真田騒動(恩田木工)」や”谷中・首ふり坂“に収録されている「恥」と「へそ五郎騒動」などでも同じテーマを扱っている。

「秘図」は火付盗賊改もの。後年の「鬼平犯科帳」や「雲霧仁左衛門」でもお馴染みの役職である。

「賊将」は後年「人斬り半次郎」として再度描かれている桐野利秋を主人公としている。

西南戦争を舞台にした映画。
映画「ラスト サムライ」

スポンサーリンク

内容/あらすじ/ネタバレ

応仁の乱

足利義政が庭師・善阿弥を知ったのは義政が幼いときであった。それ以来の付き合いとなるが、今の義政には作庭と建築の世界しかなかった。

義政の子・義尚は山名持豊に、弟の義視は細川勝元にそれぞれ擁立されて将軍職を争っている。近いうちに二つの勢力が京を中心にぶつかるのは目に見えている。いまさら何かを画策をしても無駄というものであった。

かつては義政も策謀を重ね、将軍の権威を取り戻そうとしたことがあった。だが、そもそも足利家は守護大名に担がれる形で幕府を開いたのだ。そのため、成立当時から勢力は脆弱なものだった。

義政の思惑とは違う方向に動き出したのは、妻・富子の影響もある。特に、富子が息子・義尚を生んでから、事態は義政の望まぬ方向へと進んでいった。

山名持豊と細川勝元の争いが決定的になり、都が戦火にまみれた。この両者の争いの中で、義政は細川勝元に期待をしていた。

刺客

児玉虎之助が信州・松代藩の執政・原八郎五郎に呼ばれて命ぜられたのは、恩田木工から江戸藩邸への密使の暗殺であった。

虎之助は原八郎五郎が行っている政事を良いものだとは思っていなかったが、原には大きな恩義があった。そのために働くのだ。

虎之助はかつて以乃という女に恋をした。相思の間柄であったが結ばれることはなかった。その以乃の兄が原八郎五郎を襲った。襲撃は失敗に終わったが、以乃も屋敷に押し込められ、厳重な見張りがつけられた。その以乃が自殺をした。だが、以乃は遺書を残しており…

黒雲峠

鳥居文之進が玉井平太夫を斬り、逃げた。玉井平太夫は藩主の寵臣で、藩主はこの事件に激怒した。すぐに追っ手を平太夫の息子・伊織ら八人に命じた。

逃げる鳥居文之進は江戸に出て天野平九郎という剣客の力を借りた。そして、伯父の所に逃げこもうとしていた。

追う者と追われる者。途中でひとたびやりあったが、逃げる鳥居文之進に軍配が挙がった。これが五ヶ月ほど前のことである。今度は、この文之進を峠で玉井伊織らが待ち受ける。

秘図

徳山五兵衛は火付盗賊改に就任したばかりで大盗・日本左衛門逮捕の命を受けた。この度の命には徳山五兵衛の気合いもあり、自ら出役することになった。

その出役の中で徳山五兵衛はかつて自暴自棄になっていた時期の自分を思い出す。遊蕩三昧におぼれ、勘当されてしまった。その五兵衛は流れて京へとたどり着き、そこでお梶と出会ったのだ。

だが、五兵衛が家督を継ぐ事態が発生した。お梶と別れ、江戸に戻り、そして勢以と夫婦となる。だが、お梶と比べると勢以はどうも閨房がよろしくない。五兵衛は鬱積した本能のうごめきをある事で発散することにした。それは秘図を描くことである。

賊将

桐野利秋はかつて人斬り半次郎と呼ばれるほどの剣名を売った男である。西郷隆盛の引き立てもあり、明治維新後、陸軍少将になる。

かつての利秋は薩摩藩下級藩士の中にあっても暮らしが厳しかった。それを西郷隆盛のおかげで、暮らしが改善できたのだ。維新後もその恩義は忘れていない。

その西郷隆盛だが、維新政府の中にあって孤立していた。だが、征韓論で破れ、政府を辞職するはめになる。そして故郷の鹿児島に戻ることになるが、この時に利秋も辞職して西郷隆盛について帰る。

将軍

第三軍司令官・陸軍大将乃木希典はロシアに宣戦布告してから二人の息子を亡くしていた。

目下日本軍は旅順港の要塞を占領を目指していたが、頑強な抵抗の中、いたずらに死者を増やすだけで何の戦果も挙げられていなかった。日本本国ではなかなか攻略できない乃木希典に対して非難が噴出していた。

乃木希典の人生が大きく変わったのは、西南戦争である。この戦いの中で、乃木は軍旗を奪われるという失態を犯した。それが、ずっと尾を引いていた。乃木は常に死に場所を探すようになる。

スポンサーリンク

本書について

池波正太郎
賊将
新潮文庫 約四〇五頁
短編集 江戸時代
真田騒動もの含む

目次

応仁の乱
刺客
黒雲峠
秘図
賊将
将軍

登場人物

応仁の乱
 足利義政
 富子
 善阿弥
 細川勝元
 山名持豊

刺客
 児玉虎之助
 原八郎五郎
 以乃

黒雲峠
 玉井伊織
 玉井惣兵衛
 鳥居文之進
 天野平九郎

秘図
 徳山五兵衛秀栄
 勢以
 お千…老女
 お梶
 お百合

賊将
 桐野利秋
 幸江
 西郷隆盛
 佐土原英助

将軍
 乃木希典
 津野田是重
 児玉源太郎

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました