池波正太郎の「忍びの女」(忍者もの6)を読んだ感想とあらすじ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

覚書/感想/コメント

★★★★★★★★☆☆

この一連の忍者ものの中で、主人公が権力者側に使われている唯一の作品。この作品の主人公・小たまは終始、伴忍びであり続け、伴忍びを裏切る事はなかった。

そして、伴忍びが徳川家に仕えている以上、伴忍びを裏切らなかった小たまも徳川家のために働いている事になる。まぁ、少々奔放に過ぎて、組織の枠を超えて勝手に活動してしまう事もあるのだが…。

それでも、伴忍びのためになることならという信念があって小たまは活動しているのだから仕方がない。

本作では福島正則の側からの視点が多く描かれている。豊臣秀吉子飼いの大名であり、加藤清正等とともに豊臣家にとって重要な地位を占めている福島正則は、徳川家にとっても豊臣家にとってもキーマンである。

本書では、その福島正則の人生が最後まできっちりと書かれている。キーマンだった男がどのような人生を歩んだのか…本書で是非ご確認頂きたい。

さて、「忍者丹波大介」と本書「忍びの女」はほぼ同時期を扱っている。主人公達の立場が真逆にあるだけである。

そのため、本書「忍びの女」と「忍者丹波大介」はどちらを先に読んでもあまり変りはない。「忍者丹波大介」の方が若干設定時期が早いために、「忍者丹波大介」→「忍びの女」の準でお薦めしている次第である。

忍者もの

明確なシリーズではない。設定や主人公を読み替えることで、シリーズのように楽しめる作品群。おすすめの順番は次の通り。

  1. 夜の戦士
  2. 蝶の戦記
  3. 忍びの風
  4. 忍びの旗
  5. 忍者丹波大介
  6. 忍びの女 本書
  7. 火の国の城
スポンサーリンク

内容/あらすじ/ネタバレ

福島左衛門大夫正則がむしゃくしゃして遠駆けをした時のことだった。女によからぬことをしようとしている輩どもをみつけた。正則はこの輩どもを追い払い女を助けた。女は小たまと名乗った。

実は、小たまは甲賀の忍びである。甲賀の中の伴忍びなのである。小たまは伴忍びの先代頭領太郎左衛門の娘であり、今の頭領・伴長信の姪にあたる。

小たまはうまく福島左衛門大夫正則に取り入って、屋敷に潜入する事を得た。小たまの役目は、福島正則を籠絡するのと同時に、福島家の内情を探る事にあった。

小たま達伴忍びを雇っているのは徳川家康である。徳川家康にしてみれば、豊臣秀吉子飼いの武将である福島正則の動きは重要であった。だから、伴忍びを雇って福島家の内情を探っているのである。

小たまがみた福島正則は、何事にも加藤清正を信じ、たよっているので、何事も加藤清正次第であるというものだった。

さて…天下が騒がしくなり始めている。上杉景勝が兵を集めているという噂が流れ、これを徳川家康が質すと、なんとも馬鹿にした回答がかえってきたから大変である。

徳川家康は豊臣秀頼に刃を向けるものとして、上杉討伐の軍を発する。だが、これは家康の一生に一度の大きな掛であった。この軍の出発に応じて石田三成が挙兵してくれなければならない。

その一方で、伴忍びの井之口万蔵が裏切ったらしい。小たまは独断で、井之口万蔵のもとに潜入した。そして、井之口万蔵がどの敵方の忍びと通じているのかを探る事にしたのだ。

小たまが決死の活動で得た情報は、井之口万蔵が通じている敵の忍びは伊那忍びである。つまりは真田家の忍び達である。

そして、どうやら伊那忍びは徳川家康の首を狙っているらしい。

その徳川家康であるが、上杉討伐の軍を発して、東へと向かっていた。そしてついに待っていた石田三成挙兵の報が届いた。とって返すように徳川家康は軍を西へと向ける。

そして、この時に徳川家康は、豊臣家に縁の深い大名達に対してどのようにでも行動してくれても良いという。つまりは石田三成のもとに駆けても構わないというのだ。

だが、福島正則の一言が大名達の心を決めさせた。挙兵したのは石田三成であって、豊臣秀頼ではない、だから石田三成と戦うのには何の依存もない。そう福島正則は言ったのだ。

石田三成との決戦の場は関ヶ原。

そして、関ヶ原の戦いが終わって八年がたった。

スポンサーリンク

本書について

池波正太郎
忍びの女
講談社文庫 上下計約八〇〇頁
長編
戦国時代末期

目次

女の肌身
朝靄
足袋師の娘
風雲
甲賀・伴忍び
争乱
石田屋敷
弥五兵衛と権左
岩根小五郎
煮つまった事
三成帰国
清正と正則
淸洲の夏
慶長五年
戦さ忍び
その前夜
忍び宿・忍び小屋
関ヶ原
京の足袋師

引き潮
大坂戦争
落日

登場人物

小たま…甲賀・伴忍び
松尾才兵衛…甲賀・伴忍び
伴長信…伴忍び頭領
中畑喜平太…甲賀・伴忍び
井之口万蔵…甲賀・伴忍び
福島左衛門大夫正則
於まさ…正則の妻
福島伯耆守正之…正則の養子
大辻作兵衛…正則の家臣
徳川家康
石田三成
島左近勝猛
岩根小五郎…甲賀・杉谷忍び
加藤清正
奥村弥五兵衛…伊那忍び
権左…伊那忍び

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました