池波正太郎の「鬼平犯科帳 第24巻 特別長編 誘拐」を読んだ感想とあらすじ

この記事は約3分で読めます。

覚書/感想/コメント

鬼平シリーズの最終巻。作者逝去に伴うもので、シリーズとして完結したわけではない。

前作の続きとなる作品だけに、今後の展開がどうなるのかが楽しみなだけに残念である。

話しとしては、前作の荒神のお夏を取り逃がしたところから始まり、おそらく、荒神のお夏が裏切ったおまさにたいして復讐をするという筋立てだったのだろう。その結末までは読めないが、これからというところでの逝去のため、重ね重ね残念である。

さて、未完として終了してしまった鬼平犯科帳であるが、作者が亡くなった後もこれほど長く多くの人に読まれている作品も少ないだろう。未だに売れ続けているのは驚異的ですらある。それだけ魅力的な作品であるのは間違いない。

なお、鬼平犯科帳の世界を深く掘り下げているサイトが多く存在する。魅力的なサイトが多く、また私自身が訪れて見ても毎回新鮮な驚きを覚えるサイトも数多くある。

そういうサイトを訪問して、よりどっぷりと鬼平犯科帳の世界に浸るのも一つの楽しみ方ではないかと思う。

内容/あらすじ/ネタバレ

女密偵女賊

荒神のお夏を取り逃がしたあとのこと。おまさが口合人・佐沼の久七のところに情報を聞きに行くと、押切の駒太郎を見たという。そして、おまさは別のところでお糸を見かけた。この事を平蔵に報告すると、お糸のことはおまさにまかせるという。

さて、このお糸はある人を待っていると言っていた。長谷川平蔵宣以はその待っているのは押切の駒太郎ではないかとにらむが。

ふたり五郎蔵

火付盗賊改方に新しい髪結いが入った。密偵の五郎蔵と同じく五郎蔵という。この髪結いの五郎蔵の様子がおかしいのを平蔵は感じていた。探ってみると、この髪結いの五郎蔵の女房が行方不明になっているらしい。女房を攫ったのは、伊三次を刺し殺した強矢の伊佐蔵の弟・暮坪の新五郎で、平蔵への復讐を考えていた。

誘拐

同心の松永弥四郎が、平野屋源助のところで休んでいると、番頭の茂兵衛が、向こうに見えるのは相川の虎次郎という盗賊である告げた。松永弥四郎はこの相川の虎次郎をつけるが、途中でつけているのがばれてしまう。捕物になったあげく、松永弥四郎は取り押さえるのに成功し、役宅へ連れ帰る。

役宅で、相川の虎次郎を責めるが、何も吐かない。どうやら、江戸には盗めのために入ったわけではないらしい。

平蔵の指示で、この相川の虎次郎を逃がすが、そこはしっかりと密偵たちが後をつけている…(作者逝去のため未完)

本書について

池波正太郎
鬼平犯科帳24
特別長編 誘拐
文春文庫 約一九五頁
短編+長編
江戸時代

目次

女密偵女賊
ふたり五郎蔵
誘拐
 相川の虎次郎
 お熊の茶屋
 浪人・神谷勝平

登場人物

女密偵女賊
 佐沼の久七…口合人
 押切の駒太郎…盗賊
 お糸…盗賊
 鳥浜の岩吉…盗賊

ふたり五郎蔵
 五郎蔵…髪結い
 暮坪の新五郎…盗賊
 谷本弥惣太…盗賊

誘拐
 相川の虎次郎…盗賊
 神谷勝平…浪人
 松永弥四郎

池波正太郎の火付盗賊改もの

タイトルとURLをコピーしました