藤沢周平の「静かな木」を読んだ感想とあらすじ

この記事は約2分で読めます。

覚書/感想/コメント

あっという間に読み終わるような、ごくごく短い短編集である。

最後の「偉丈夫」は、漆蝋を廻る国境の問題をテーマにしており、何となく「漆の実のみのる国」を彷彿させる。

内容/あらすじ/ネタバレ

岡安家の犬

海坂藩の近習組の岡安家は、当主の岡安甚之丞を含め犬好きであった。家ではアカという名の犬を飼っている。

ある日、道場の仲間の鍋に誘われて甚之助は関口兵蔵の家に向かった。そこで出てきた鍋は犬鍋だった。しかも、野地金之助が言うにはアカを鍋にしたというのだ。

激怒した甚之助は野地金之助と妹・八寿の縁談を反故にすると言い捨てる。

静かな木

布施孫左衛門の息子・邦之助が、中老・鳥飼郡兵衛の息・勝弥と果たし合いをするという。理由を聞いてもはきとは答えず、ただ侮られたからと言う。

孫左衛門は、かつて鳥飼郡兵衛の失態をかばったことがある。それがために家禄は減らされた。今となっては忌々しいことである。その上に、今度は息子が果たし合いとするというのだ。何が何でも、果たし合いを辞めさせなければならない。

偉丈夫

海上藩の片桐権兵衛に課せられた使命は、支藩の海上藩と本藩の海坂藩の国境問題である。その体の大きさといい偉丈夫たる片桐権兵衛だが、実は大きな欠点があった。

本書について

藤沢周平
静かな木
新潮文庫 約一一五頁
短編集
江戸時代(海坂藩もの含む)

目次

岡安家の犬
静かな木
偉丈夫

登場人物

岡安家の犬
 岡安甚之丞
 岡安十左衛門…隠居
 八寿…妹
 アカ…犬
 野地金之助
 関口兵蔵

静かな木
 布施孫左衛門…隠居
 権十郎…息子
 邦之助…息子
 鳥飼郡兵衛…中老
 勝弥

偉丈夫
 片桐権兵衛
 加治右馬之助

「海坂藩もの」が収録されている作品

  1. 隠し剣孤影抄
  2. 隠し剣秋風抄
  3. 暗殺の年輪
  4. 蝉しぐれ
  5. 冤罪
  6. 竹光始末
  7. 静かな木 本書
  8. 闇の穴
  9. 闇の梯子
  10. 雪明かり
タイトルとURLをコピーしました