エリス・ピーターズの「修道士カドフェル第1巻 聖女の遺骨求む」を読んだ感想とあらすじ

この記事は約2分で読めます。

覚書/感想/コメント

時代ミステリーの人気シリーズ『修道士カドフェル』の第一弾。

イギリスではTV放映もされて、こちらも人気がある。

大修道院は実在の修道院をモデルにしているため、ファンの観光客が絶え間なく訪れているという。

さて、第一弾は今ひとつ地味であるが、どちらかというと今後の展開の下地になる背景等や、カドフェルの人物像を描くという点に力点があるようである。いわば、地ならし的な作品であるように感じる。

内容/あらすじ/ネタバレ

イングランドのシュロップシャ、シュルーズベリ大修道院は、修道院の権威を上げるため、聖人の遺骨を求めていた。

折しも、ウェールズの聖ウィニフレッドから修道士の一人にお告げがあったため、聖ウィニフレッドの遺骨を求めて副修道院長のロバートを筆頭にカドフェルら修道士はウェールズへ赴く。

しかし、聖ウィニフレッドの遺骨のある村で、すぐに遺骨の引渡は行われず、村人と修道士達との対立が続く。

その対立の最中、村の地主のリシャートが殺害される。犯人は誰か?そして、その目的は?

本書について

エリス・ピーターズ
聖女の遺骨求む
光文社文庫 約320頁
12世紀イギリス

登場人物

カドフェル…修道士
ヘリバート…修道院長
ロバート…副修道院長
リチャード…副院長補佐
ジェローム…副院長書記
コロンバヌス…見習い修道士
ジョン…見習い修道士
ヒウ…グウィネズ村の司祭
リシャート…村の地主
シオネッド…リシャートの娘
アネスト…シオネッドの侍女、ベネッドの姪
カドワロン…村の地主
ペレドゥア…カドワロンの息子
カイ…リシャートの鋤男
エンゲラード…リシャートの牛飼い
ベネット…鍛冶屋

タイトルとURLをコピーしました