海隣寺と熊野神社の参拝録(千葉県佐倉市)千葉一族と深い縁のある寺社

海隣寺寺社
この記事は約1分で読めます。

海隣寺

スポンサーリンク

海隣寺

本尊には伝説がある。海から金色に輝く阿弥陀如来像が引き上げられ、仏像は本尊となり「海上月越如来」と呼ばれた。それを、亥鼻城主だった千葉勝胤が、馬加(幕張)に建立したというものである。

もともと寺は海沿いにあったのだが、千葉家の内紛に伴い、寺は馬加(幕張)から酒々井を経て、佐倉に移ったとされる。

海隣寺

海隣寺の説明版

中世石塔群がある。海隣寺は千葉一族の保護が厚かったため、境内に墓所が設けられた。現在は隣接する佐倉市役所の一角になっている。市指定史跡。確認されている墓は、千葉昌胤墓、千葉利胤墓、千葉親胤墓、千葉胤富墓、千葉邦胤墓である。

また、海隣寺は当麻無量光寺の有力な末寺である。海隣寺の住職から無量光寺の他阿上人になる例もあった。

熊野権現。一遍が信仰したため、全国の時宗寺院にある。

海隣寺の熊野神社

スポンサーリンク

海隣寺の概要

概要
項目内容
山号千葉山
院号深広院
正式名千葉山深広院海隣寺
開基千葉勝胤
宗派時宗当麻派
本尊阿弥陀如来
別称
備考 佐倉七福神
スポンサーリンク

場所など

〒285-0013 千葉県佐倉市海隣寺町

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました