神崎の大クスの訪問録と神崎神社の参拝録(千葉県香取郡神崎町)国指定天然記念物の大クス

神崎の大クス天然記念物
この記事は約4分で読めます。
神崎の大クス
国指定天然記念物の神崎の大クス
スポンサーリンク

神崎の大クス

「こうざきのおおくす」。神崎神社社殿の右わきにある。大正15年(1926年)に国の天然記念物に指定された。利根川図志や、牧野富太郎の著書などでも紹介された有名な巨木。

主幹は明治40年(1907)12月の社殿火災のときに焼失した。そのため、地上から7mほどのところで切断されている。根本からでた5本の幹が親木をとり巻き、大きなものは樹高約25mになっている。

クスノキは日本では自生せず、大陸から移入されたと考えられる。成長が早く、樟脳の材料とされる。防虫成分を含むことから、虫害に強く、各地の社寺で大木が見られる。

古くからナンジャモンジャとして有名である。水戸黄門こと徳川光圀が延宝2年(1674)にこの神社を訪れたとき、「この木は何というもんじゃろうか」と自問自答したことによるといわれている。ちなみに、全国にナンジャモンジャの名称で親しまれている木はたくさんある、

ナンジャモンジャという名が広がったのは、文化・文政頃の庶民の旅ブームにのってのことである。

神崎の大クス
神崎の大クス

説明版によると、古来、ナンジャモンジャの木といわれ、「利根川図志」「牧野富太郎科学随筆集」などでも紹介されてきたクスの木の巨木である。延宝2年(1674)4月、水戸光圀公が当社参詣の折、「この木は何というもんじゃろうか」と自問し、感嘆されたという。それ以来、この御神木は「ナンジャモンジャ」の名をもって広く知られわたっている。主幹は明治40年に火災で焼け、高さ7メートルほどで切断されているが、そのひこばえがよく育ち、樹高20メートル以上に達している。

神崎の大クスの説明版
説明版

周囲は県指定天然記念物「神崎森」に囲まれている。

スポンサーリンク

神崎神社

神崎神社(こうざきじんじゃ)拝殿

神崎神社の創祀は、白雉2年(651)とも白鳳2年(673)とも伝えられている。白鳳時代(645~710)に常陸国と下総国の境にあった大浦沼二つ塚より現在の地に遷座したと言われている。明治期までは「子松神社」と称していた。

神崎神社(こうざきじんじゃ)由緒版

神社には神崎神社文書と呼ばれる千葉県指定の文化財がある。神社関係の古文書や絵図で、鎌倉時代初期の承久3年(1221)から室町時代初期の応永2年(1395)に 編纂されたもので、当時の荘園・神社領関係を知る重要な資料である。

香取神宮の末社ではないが、香取神宮との深いつながりがある。まず、式年造営のときは「あさめ殿」を造る常役である。また、「利根川図志」には大禰宜家の旧領であったと記されている。

祭神の天鳥船命も、香取神宮の経津主神と鹿島神宮の武甕槌神が大己貴命(=大国主命)と国譲りの交渉をした際、事代主神のもとへ使わされた神とされている。

鹿島神宮、香取神宮と「東国三社」の1社となっている息栖神社も主祭神は本社と同じアメノトリフネである。香取神宮を起点にして、東に息栖神社、西に神崎神社となる。何らかの意味があったのだろう。

また、この周辺は「神」の字がつく地名や「か」で始まる地名が多い。

【式内社】香取神宮の参拝録(千葉県香取市)最強の武神フツヌシを祀り、伝説の剣豪飯篠長威斉家直ゆかりの神社

鹿島神宮を訪れ、いつかは期待と思っていた神社。古来、神宮と言えば、伊勢神宮と鹿島神宮、香取神宮の3社を指していた。残るは伊勢神宮。いつかは行ってみたい。

【式外社】息栖神社(いきすじんじゃ)の参拝録(茨城県神栖市)鹿島神・香取神の先導の神アメノトリフネを祀る

息栖神社(いきすじんじゃ)は鹿島神宮、香取神宮と並んで「東国三社」の1社に数えられる。「忍潮井(おしおい)」と呼ばれる2つの井戸がある。伊勢(三重県)の明星井(あけぼのい)、伏見(京都府)の直井(なおい)とともに「日本三霊泉」の1つ。

他に祭神として大己貴命と少彦名命が配されているが、二柱とも国造りの神である。大己貴命はのちに大国主命となり、国譲りの主役になる。この祭神の組み合わせにはいろいろ考えさせられる。

本殿

神崎神社(こうざきじんじゃ)の本殿

社務所

神崎神社(こうざきじんじゃ)境内

手水舎

神崎神社(こうざきじんじゃ)手水舎

階段

神崎神社(こうざきじんじゃ)階段
スポンサーリンク

境内社

八坂神社

祇園信仰だろう。このそばに駐車場がある。

八坂神社(神崎神社(こうざきじんじゃ)内)
八坂神社

案内板によると、この八坂神社は正徳2年(1712)に創建されたという。「天王様」と親しまれ、信仰を集めていたが、明治元年に八坂神社に改称された。廃仏毀釈の影響である。廃仏毀釈については安丸良夫「神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈―」に詳しい。祭神は建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)とされるが、お祭りは古くから女神の御輿といわれる。古老の話では、「出雲の大蛇退治の神話の中で、後に命の奥方になられた櫛稲田姫(くしいなだひめ)をお祭りする」とも言われている。神崎神宿以外にも神崎本宿、郡、古原地区に八坂神社が建立されている。

案内板(神崎神社(こうざきじんじゃ))

聖観音

聖観音(神崎神社(こうざきじんじゃ))

地主稲荷

地主稲荷(神崎神社(こうざきじんじゃ))

三峯神社

三峯神社(神崎神社(こうざきじんじゃ))

神崎神社(こうざきじんじゃ)の概要

社格

古代社格制度式外社
中世社格制度
近代社格制度県社
現代の制度 

創建・主祭神など

創建白鳳2年(673年)
主祭神天鳥船命、大己貴命、少彦名命

住所&地図

所在地:〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1944
電話:0478-72-3161

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました