府馬の大クスの訪問録(千葉県香取市)(国指定天然記念物)宇賀神社内

この記事は約2分で読めます。
府馬の大クス

大クス

府馬の高台に位置する宇賀神社の境内にある。

1926年(大正15年)に「府馬の大クス」として国の天然記念物に指定された。クスと思われていたが、昭和44年の調査でタブノキであることが判明している。タブノキは俗にイヌクスと呼ばれている。

樹高約20m、根周り約27.5m、幹周り約12m、樹齢1300年から1500年と言われるタブノキの巨樹。木の根元には1711年(正徳元年)の銘が刻まれた石のほこらが深くくいこんでいる。幹の太さ高さからタブノキではわが国最大と思われている。

府馬の大クス

北東側に7mほど離れたところにもタブノキがある。「子グス」と呼ばれ、もともとは「府馬の大クス」とつながっていた。「府馬の大クス」の枝が垂れ下がって地面に付き、そこに根を張って成長したと言われている。

大クスと子グスをつないでいた枝は明治時代の終わりに枯れてしまった。つながっていた頃のようすは、1845年(弘化2年)の「下総名所図絵」に描かれている。

2001年(平成13年)に環境省のかおり風景100選に選定された。

宇賀神社

宇賀神社の入り口。773年(宝亀4年)宇気母知神を勧誘したことに始まる神社。

府馬の大クスのある宇賀神社の鳥居

本殿。この右手に「府馬の大クス」がある。一帯は府馬城跡として、中世に府馬氏が砦を構えていた。

府馬の大クスのある宇賀神社

住所&地図

所在地:〒289-0411 千葉県香取市府馬2395
電話:043-223-4082
※道は細いが、駐車場が数台分ある。

タイトルとURLをコピーしました