作家さ行一覧

NO IMAGE

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第5巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

坂本龍馬三十歳の元治元年は、全てが長州を中心にまわった。『この時期の長州藩の異常加熱は、浪人志士団の暴発をよび、池田屋ノ変を誘発し、さらに池田屋ノ変はそれに憤激した長州藩の大挙上洛となり、幕府の第一次、第二次長州征伐、竜馬の海援隊の活躍というように関連してゆく。』

記事を読む

NO IMAGE

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第4巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

フランス艦隊にメタメタに敗北した長州がそれまでの意識の変革を迫られる一方で、薩摩藩と会津藩によって京の政界から追われることになる。幕末期に起きた何度かの大きな揺り戻しの一つである。

記事を読む

NO IMAGE

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第3巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

本書の坂本龍馬は二十九歳。勝海舟に出会うことによって、幕末史劇の舞台を一段上ろうとしている。幕末の史劇は清河八郎が幕を開け、坂本龍馬が閉じたといわれる。その坂本龍馬と清河八郎が邂逅する場面が描かれている。

記事を読む

NO IMAGE

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第2巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

坂本龍馬二十四歳から脱藩するまでの二十九歳までを描いている。世の中はアメリカとの通商条約問題に絡んでの開国と攘夷、幕府と朝廷、将軍の後嗣問題と大騒動が持ち上がっている時期である。

記事を読む

NO IMAGE

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」第1巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

質・量ともに坂本龍馬伝の最高峰である。坂本龍馬像を決定的なものにし、現在、龍馬を語る上で本書の影響を受けなかったものというのは皆無といってよく、また、坂本龍馬が好きだという人のほぼ全てが何らかの形で影響を受けている作品である。

記事を読む

NO IMAGE

白石一郎の「戦鬼たちの海 織田水軍の将・九鬼嘉隆」を読んだ感想とあらすじ

海賊大名の異名もある九鬼嘉隆(くきよしたか)を主人公とする。九鬼嘉隆は織田信長に仕え、豊海秀吉にも仕える。その後、関ヶ原の戦いで九鬼嘉隆は西軍、息子の守隆が東軍にわかれ、西軍に与した嘉隆は自刃する。

記事を読む

NO IMAGE

司馬遼太郎の「城をとる話」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ 昭和三十九年(1964年)に俳優・石原裕次郎氏が司馬遼太郎氏を訪ね、主演する映画の原作を...

記事を読む

NO IMAGE

佐伯泰英の「交代寄合伊那衆異聞 第8巻 黙契」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ シリーズ第八弾。 解説でも書かれているが、数多くの佐伯作品の中でもジェット...

記事を読む

NO IMAGE

佐伯泰英の「酔いどれ小籐次留書 第10巻 薫風鯉幟」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ シリーズ第十弾。 前作の水戸行きから戻ってきたばかりの赤目小籐次。二十日ば...

記事を読む

NO IMAGE

佐伯泰英の「吉原裏同心 第10巻 沽券」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ シリーズ第十弾。シリーズもいよいよ大台の十弾。 物語は元旦から正月十五日ま...

記事を読む