作家な行

NO IMAGE 作家な行

仁木英之の「僕僕先生」第1巻を読んだ感想とあらすじ

ライトノベル風のファンタジー。唐の玄宗皇帝の時代を舞台とし、ニート青年と美少女仙人の旅物語。
NO IMAGE 作家な行

永岡慶之助の「伊達政宗(下)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★☆☆☆☆☆ 後半は秀吉の死後から家康の権力が確定するまでの時代の伊達政宗を描いている。 伊達政宗という男の人生は長い。 本書では描かれていないが、江戸時代に入ってからの政宗についてもいろい
NO IMAGE 作家な行

永岡慶之助の「伊達政宗(上)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★☆☆☆☆☆ 伊達政宗の生涯を描いた作品。 上巻は政宗が家督を相続する時期から、秀吉に屈服するまでの期間を描いている。 伊達政宗といえば、戦上手というイメージがあるかもしれないが、戦以上
NO IMAGE 作家な行

西津弘美の「高橋紹運 戦国挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 高橋紹運(たかはしじょううん)。立花宗茂の父である。 大友家末期、大友宗麟が豊臣秀吉に泣きついて軍勢を出してもらい、それが到着するまで、島津家を食い止めたのが、高橋紹運・立花宗茂
NO IMAGE 作家な行

中村彰彦「落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎(下)」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

「第十六章 神のような人」を読むために、この小説はあるようなものだ。そして、こうした教師に出会っていたならば、確実に己の人生が変わっていたであろうと思わせる。秋月悌次郎とはそうした教師であった。
NO IMAGE 作家な行

中村彰彦「落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎(上)」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

幕末といえば、志士を扱った小説が多い。いわゆる武官肌の人物が多く描かれてきている。だが、本書は文官を主人公としている。会津藩士・秋月悌次郎。
NO IMAGE 作家な行

新野哲也: 謙信・景勝と直江兼続 義と愛の戦国武将

あとがきにも『ペンをとる前に、直江兼続の資料を漁った』とあり、たとえ題名が直江兼続だけを想定しているわけではない言い訳をしても、直江兼続を書きたいのは間違いない。それに、執筆時期と出版時期を考えると「天地人」絡みであるのは疑いようがない。
NO IMAGE 作家な行

永井路子の「山霧 毛利元就の妻」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ 最初に、『これは乱世の梟雄、毛利元就の物語ではない。中国山脈の山裾の霧の中を這いずりまわりつつ、十六世紀を生きた若い男と女の話である。』と書かれているように、毛利元就とその妻・おかたの
NO IMAGE 作家な行

永岡慶之助の「上杉謙信と直江兼続」を読んだ感想とあらすじ

前半三分の一が上杉謙信で、後半三分の二が直江兼続である。そもそも「上杉謙信」としかつけなかった題名に相当問題がある。本書の題名の方が相応しいのはいうまでもない。
NO IMAGE 作家な行

南條範夫の「上杉謙信」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★☆☆☆☆☆ 上杉謙信が父・長尾為景を失ってから、啄木鳥戦法で有名な川中島の合戦までを描いた小説。 比較的短い小説であり、最初に上杉謙信を読まれる方には良いかもしれない。 生涯不犯で有名