作家な行

4) 面白い

仁木英之の「僕僕先生」第1巻を読んだ感想とあらすじ

ライトノベル風のファンタジー。唐の玄宗皇帝の時代を舞台とし、ニート青年と美少女仙人の旅物語。
作家な行

永岡慶之助の「伊達政宗」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 伊達政宗の生涯を描いた作品。 上巻は政宗が家督を相続する時期から、秀吉に屈服するまでの期間を描いている。 伊達政宗といえば、戦上手というイメージがあるかもしれないが、戦以上に上手かったのが謀...
作家な行

西津弘美の「高橋紹運 戦国挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 高橋紹運(たかはしじょううん)。立花宗茂の父である。 大友家末期、大友宗麟が豊臣秀吉に泣きついて軍勢を出してもらい、それが到着するまで、島津家を食い止めたのが、高橋紹運・立花宗茂親子であった。 ...
1) 最高

中村彰彦「落花は枝に還らずとも 会津藩士・秋月悌次郎」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

幕末といえば、志士を扱った小説が多い。いわゆる武官肌の人物が多く描かれてきている。だが、本書は文官を主人公としている。会津藩士・秋月悌次郎。

作家な行

新野哲也: 謙信・景勝と直江兼続 義と愛の戦国武将

あとがきにも『ペンをとる前に、直江兼続の資料を漁った』とあり、たとえ題名が直江兼続だけを想定しているわけではない言い訳をしても、直江兼続を書きたいのは間違いない。それに、執筆時期と出版時期を考えると「天地人」絡みであるのは疑いようがない。
作家な行

永井路子の「山霧 毛利元就の妻」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 最初に、『これは乱世の梟雄、毛利元就の物語ではない。中国山脈の山裾の霧の中を這いずりまわりつつ、十六世紀を生きた若い男と女の話である。』と書かれているように、毛利元就とその妻・おかたの二人を描いている。...
作家な行

永岡慶之助の「上杉謙信と直江兼続」を読んだ感想とあらすじ

前半三分の一が上杉謙信で、後半三分の二が直江兼続である。そもそも「上杉謙信」としかつけなかった題名に相当問題がある。本書の題名の方が相応しいのはいうまでもない。
作家な行

南條範夫の「上杉謙信」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 上杉謙信が父・長尾為景を失ってから、啄木鳥戦法で有名な川中島の合戦までを描いた小説。 比較的短い小説であり、最初に上杉謙信を読まれる方には良いかもしれない。 生涯不犯で有名な上杉謙信だが、こ...
作家な行

西村貞二の「教養としての世界史」を読んだ感想

覚書/感想/コメント 本書は一九六六年に書かれている。 四〇年以上も前の著作であることを念頭に置いて読まなければならない。 というのは、この四〇年の間には地域ごとの、もしくは世紀ごとの歴史認識の修正がたゆまずなさ...
作家な行

永積昭の「東南アジアの歴史 新書東洋史7」を読んだ感想

覚書/感想/コメント 本書は一九七七年に出版された。東南アジアの歴史に関する研究は、当時より進んでいると考えた方がいいので、本書は参考程度に読まれるのが良いと思う。 本書の大きな特徴だが、近現代に属する十八世紀以降の記...
3) かなり面白い

新田次郎の「新田義貞」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 鎌倉幕府を倒した功労者の一人、新田義貞を主人公とした正統派の歴史小説。 後に室町幕府を築いた足利尊氏とは年も近く、ともに源氏の名門の嫡子という共通点もある。鎌倉幕府の倒幕に論功があったのも同じであ...
4) 面白い

ノア・ゴードンの「千年医師物語Ⅲ: 未来への扉」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「千年医師物語」の最後を飾る第3部。 舞台は現代のアメリカ。クリントンが大統領になる時期が物語りの舞台である。 主人公はRJ。今までのロブ・Jという男の医者ではなく、女医である。共通するのは...
4) 面白い

ノア・ゴードンの「千年医師物語Ⅱ: シャーマンの教え」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「千年医師物語」という壮大な大河ドラマの第二部。 舞台は、初代ロブ・Jから800年もあとのアメリカ。主人公は親子の二人である。父のロバート・ジャドソン・コール(ロブ・J)と息子のロバート・ジェファ...
3) かなり面白い

ノア・ゴードンの「千年医師物語Ⅰ: ペルシアの彼方へ」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント この物語は、「千年医師物語」とあるように、千年に及ぶ"コール一族"の医者としての大河ドラマである。 大きく三部構成になっており、本作は、その第一部というべき作品で、初代"ロブ・J"を主人公としてい...
作家な行

南原幹雄の「謀将-山本勘助」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 山本勘助はその存否の論議はあるが、通常川中島の決戦と呼ばれる第四次川中島の戦いで、啄木鳥戦法を見破られた責任を取って戦いに身を投じて死んだとされている。 本書で言えば、ちょうど真ん中がこの川中島の...
タイトルとURLをコピーしました