作家あ行

作家あ行

池宮彰一郎の「本能寺」(下)を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 信長のあれだけ狂気じみた苛烈さが伝えられる中、天下目前まで事業を成し遂げることができたのは、苛烈さだけではなかった。 そもそも苛烈なだけでは、戦国の世において家臣が身命を賭し...
作家あ行

池宮彰一郎の「本能寺」(上)を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 織田信長の解釈が面白いし、なるほどと思ってしまう。 話は織田信長と明智光秀、木下藤吉郎を中心に語られていく。 「信長ほど、裏切られ背かれた者は他に例を見ない。なぜ背かれるのか、その理由...
作家あ行

浅田次郎の「輪違屋糸里」(下)を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★★☆ 糸里というのは子母澤寛「新撰組始末記」以外の文献には登場しないらしい。そもそも輪違屋にいたのかどうかも怪しいらしい。永倉新八も糸里という人物がいたことは証言しているが、はっきりしな...
作家あ行

浅田次郎の「輪違屋糸里」(上)を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★★☆ 新撰組もの。 「壬生義士伝」が男の目線から見た新撰組なら、この「輪違屋糸里」は女の目線から見た新撰組である。 しかも、時期が限定されている。まだ壬生浪士組と呼ばれていた...
作家あ行

あさのあつこの「弥勒の月」を読んだ感想とあらすじ

暗い過去を持つ男達。それが繰り広げるミステリー・サスペンス。主人公の北町定廻り同心の木暮信次郎と、岡っ引きの伊佐治、遠野屋清之介の三人の関係はこの作品だけでは終わらない。
作家あ行

岩井三四二の「銀閣建立」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ 通称・銀閣寺の建立を巡る小説。室町のもっとも混乱した京を舞台に、幕府の大工である橘一族の三郎右衛門を主人公としている。三郎右衛門は実在の人物であるが、この建立に直接かかわったかは不...
作家あ行

安藤優一郎の「大江戸お寺繁昌記」を読んだ感想

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 江戸の町は70%が武家町で、15%が寺社町、15%が町人町だった。武家町は江戸城を囲むようにして展開し、町人町は東側に位置した。寺院と神社を比べると寺院の勢力が強く、大半は寺院の境...
作家あ行

赤瀬川隼の「王国燃ゆ 小説 大友宗麟」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 王国燃ゆ―小説 大友宗麟 ★★★★★☆☆☆☆☆ 九州のキリシタン大名・大友宗麟の人生を描いた小説。 戦国時代、多くのキリシタン大名がいたが、その多くは南蛮文化や貿易で得られる富を求めての俄かキリシタ...
作家あ行

江戸文化歴史検定協会編「江戸諸国萬案内(中級)」を読んだ感想(最高に参考になる!)

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★★★ 江戸文化歴史検定公式テキスト(中級)。 初級となる大江戸見聞録と上級である江戸博覧強記の間ということになるが、「中間」ではない。初級と中級との間に比べて、中級と上級の間に格段の差がある。 他...
作家あ行

遠藤周作の「王の挽歌(下)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ キリスト教の修道士や司祭の姿は大友宗麟にとって世俗を越えたものとして映っていたのだろう。彼らこそが、物欲を越えて精神的な安らぎをもたらしてくれるように思えたのかもしれない。 ...