4) 面白い

4) 面白い

黒田涼の「ヴィジュアル版 江戸城を歩く」を読んだ感想

江戸城(皇居)周辺は何度か歩いているが、本書を読んで、見過ごしている場所が多々あることに気が付いた。いつか、本書を片手に江戸城を歩きたい。江戸城はとても規模の大きな城だった。
4) 面白い

米澤貴紀の「神社の解剖図鑑」を読んだ感想

著者は日本建築史、建築技術史が専門。建築が専門だけに、神社の建物の解説が優れている。イラスト入りという点も、とても見やすくていい。有名な神社を例にして解説を加えている点もいい。

4) 面白い

山田風太郎の「柳生忍法帖」を読んだ感想とあらすじ

十兵衛三部作の第1弾。本作品と「魔界転生」「柳生十兵衛死す」で「十兵衛三部作」と言われる。忍法帖という割には、忍者が出てこないのも本書の不思議なところだが、
スポンサーリンク
4) 面白い

仁木英之の「僕僕先生」第1巻を読んだ感想とあらすじ

ライトノベル風のファンタジー。唐の玄宗皇帝の時代を舞台とし、ニート青年と美少女仙人の旅物語。
4) 面白い

山田風太郎の「忍法忠臣蔵」を読んだ感想とあらすじ

忠臣蔵を題材にした忍法帖。いかにして赤穂浪士の人数が減っていったのかを史実に沿って、それに忍法を絡めて展開していく。相変わらず、奇想天外でありながら、史実をそれほどゆがめずに進めていく展開能力は鬼才の一言に尽きる。
4) 面白い

宮本昌孝の「ふたり道三」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 斎藤道三による美濃の国盗りは道三一代のものではなく、父・長井新左衛門尉との父子2代にわたるという説が有力だそうだ。 これは岐阜県史編纂の過程で発見された「六角承禎条書写」によるものだそうだ。この古...
4) 面白い

北方謙三の「武王の門」を読んだ感想とあらすじ

北方太平記(北方南北朝)の一絵巻。征西将軍宮(懐良親王)と菊池武光を描いた作品である。後醍醐帝も楠木正成も新田義貞も去った後の南朝を代表する人物たちである。

4) 面白い

風野真知雄の「耳袋秘帖 第10巻 神楽坂迷い道殺人事件」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント シリーズ第十弾。今回は牛込の神楽坂を舞台に、七福神を題材とした事件。神楽坂にある善國寺は毘沙門天で有名であり、池上本門寺の末寺にあたる。 今回のキーとなる七福神だが、その由来は意外と知らない。 ...
4) 面白い

あさのあつこの「弥勒の月」を読んだ感想とあらすじ

暗い過去を持つ男達。それが繰り広げるミステリー・サスペンス。主人公の北町定廻り同心の木暮信次郎と、岡っ引きの伊佐治、遠野屋清之介の三人の関係はこの作品だけでは終わらない。

4) 面白い

渡辺房男の「円を創った男 小説・大隈重信」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 大隈重信の二十九歳から三十三歳までの三年余りの時期を中心に据えて書かれている。この期間に日本の貨幣「円」が誕生した。 あとがきでも書かれているように、この慶応四年(一八六八)から明治四年(一八七一...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました