歴史学雑記

歴史学雑記

中国「千島湖」の下に1300年前の城

海中にしずむ古代遺跡というロマンあふれる記事 中国の浙江省杭州。千鳥湖(せんとうこ)。 後漢王朝時代に建てられた城が沈んでいるが、1950年代、ダムの建設のために意図的に沈めらたそうだ。
歴史学雑記

イースター島文明は自然によって淘汰された

遺跡調査による裏づけによるものだそうだ。 ヨーロッパ人が持ち込んだ病気によるものではなく、その前から島が人口を支えきれなくなっていたらしい。 もっとも、ヨーロッパ人が持ち込んだ病気でダメ押しをしたことにはなるようだが…。
歴史学雑記

古代神話のオシリスの墓を発見

古代ロマンのはなし。 こちらは海の向こうのエジプトの話。 ルクソールのネクロポリス(死者の町)で、古代神話オシリス神の墓を模した墓が見つかった。 3200年前のものだという。 古代神話に描かれたオシリス神の墓の記述が完璧に再現されて...
歴史学雑記

奈良県明日香村で、7世紀中頃の巨大な古墳の遺構発見

古代ロマンのはなし。 奈良県明日香村で7世紀中頃と推定される巨大古墳の一部が見つかったとのこと。 古墳は一辺50メートル以上あり、国内最大級の方墳とみられる。 天智天皇の父・舒明天皇の墓の可能性が高いそうだ。
歴史学雑記

文化庁「文化財オンライン構想」

スマホで見られるようにするという。 文化庁は全国の博物館や美術館などが所蔵する国宝や重要文化財のほか、国指定文化財(史跡名勝天然記念物、歴史的建造物、無形文化財など)をデシタル高精細画像や動画で国内外に紹介する「文化遺産オンライン...
歴史学雑記

古い地図も見られる「ゼンリンバーチャルミュージアム」

江戸開府以前から昭和後期までの貴重な古地図をブラウザで見まくることが可能な「ゼンリンバーチャルミュージアム」 時間があるときにぜひ眺めてみたいものだ…。 日本最大手の地図制作会社のゼンリンがこれまでに収集した国内外の古地図をデジタ...
歴史学雑記

「アーク」の発見

全米が熱狂した“究極の財宝”の発見劇 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト インディ・ジョーンズでも取り上げられた「アーク」が発見されたという。 スペイン王妃の秘宝 その目玉が、「アー...
作家や・ら・わ行

山本博文監修の「あなたの知らない栃木県の歴史」を読んだ感想

栃木県の歴史について、全70項目を数名の執筆陣が書き寄せた一冊。監修は山本博文氏だが、項目ごとの文章のレベル感がまちまちで、全体の統一感に欠けている。
歴史学雑記

約415年前に海を渡った「日本人奴隷」

ポルトガル国立エヴォラ大特別研究員ルシオ・デ・ソウザさんと、東大史料編纂所の岡美穂子助教が、メキシコ国立文書館に残る異端審問記録から、約415年前の1597年(安土・桃山時代)に日本人が「奴隷」としてメキシコに渡っていたことがわかったという...
歴史学雑記

豊臣秀吉の「墨俣一夜城はなかった」という研究結果

過去からのイメージなどで、史実とは異なりつつも、世間一般的に流布されている「史実」というものがある。 豊臣秀吉の「墨俣一夜城」がそうだという。織田信長美濃攻めの際、豊臣秀吉が墨俣に一夜にして城を築き、美濃攻略の端緒を開いたという話である...