浅田次郎の紹介と作品・著書

この記事は約1分で読めます。

略歴

(1951 - )
浅田次郎。小説家。
東京都生まれ。本名、岩戸康次郎。
駒場東邦中学校、中央大学杉並高等学校卒。
自衛隊に入隊、その後、アパレル業界など様々な職につきながら投稿生活を続ける。

1991年「とられてたまるか!」でデビュー。
1995年「地下鉄に乗って」で第16回吉川英治文学新人賞
1997年「鉄道員」で第117回直木三十五賞、第16回日本冒険小説協会大賞特別賞。
2000年「壬生義士伝」で第13回柴田錬三郎賞
2006年「お腹召しませ」で第1回中央公論文芸賞、第10回司馬遼太郎賞。
2008年「中原の虹」で第42回吉川英治文学賞
2010年「終わらざる夏」で毎日出版文化賞
2015年 紫綬褒章
2017年「帰郷」で第43回大佛次郎賞[83]
2019年 第67回菊池寛賞

2011年 – 2017年日本ペンクラブ会長。
直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞選考委員。

映画化された作品

2003年「壬生義士伝」

映画「壬生義士伝」の紹介
原作「壬生義士伝」の紹介

2007年「憑神」

映画「憑神」の紹介
原作「憑神」の紹介

2014年「柘榴坂の仇討」

映画「柘榴坂の仇討」の紹介

紹介している小説

  1. 憑神
  2. 壬生義士伝
  3. 輪違屋糸里
タイトルとURLをコピーしました