ウカノミタマ(稲荷信仰)とウカノミタマを主祭神としている神社

歴史上の人物
この記事は約4分で読めます。

ウカノミタマ

ウカノミタマは表記が古事記と日本書紀とで異なる。

  • 「古事記」宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)
  • 「日本書紀」倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)

食物の神様で、「ウカ」は穀物・食物を意味する。穀物の神である。

他にも

  • 宇迦之御魂大神
  • 宇賀御魂命
  • 宇賀御魂
  • 倉稲魂
  • 大物忌
  • 稲荷大明神
  • 稲荷神
  • 三狐神
  • 御食津神
  • 保食神(うけもちのかみ)
  • 御膳神(みけつかみ)
  • 専女神

の名で現されることがある。

ウカノミタマの意味

宇迦之御魂神の字からは「稲に宿る神秘な霊」となる。

「宇迦」は「ウケ」(食物)の古形で、特に稲霊を表す。「御」は「神秘・神聖」、「魂」は「霊」。

稲の精霊を宗教的に祀った姿がウカノミタマと言える。

他にも、「大殿祭祝詞(おおとのほがいののりと)」に宇賀能美多麻(うかのみたま)を稲霊(いねのみたま)の注釈がある。「神代紀」に「倉稲魂(うかのみたま)」とある。

いずれの場合も「ウカ」は稲をさしている。

稲荷信仰へ

「山城国風土記(やましろのくにふどき)」逸文に、「伊禰奈利生(いねなりお)ひき」が「伊奈利社」の名となったとある。

一般的に「稲荷」と書かれるが、「いなり」は「稲生」「稲成」「飯成」とも書かれる。

稲作に従事する農民の姿(=稲を荷(にな)った姿)が、稲荷神の姿という生業即実相の思想によるもの。

稲荷神は稲、養蚕、食物の神から始まったが、中世から近世にかけて商工業が盛んになると、生産や商業の神ともなった。

女神?

記紀には性別が記されていないが、平安時代の「延喜式」(大殿祭祝詞)などから女神と考えられるため、古くから女神とされてきた。

「延喜式」(大殿祭祝詞)に、女神のトヨウケビメの別名・屋船豊宇気姫命(やふねとようけひめのみこと)が登場する。

祝詞の注記で「これ稲の霊(みたま)なり。世にウカノミタマという。」と説明していることから、ウカノミタマを女神と見なしていた。

伏見稲荷大社の主祭神

伏見稲荷大社の主祭神。

稲荷神信仰の中心となる神様である。お稲荷さんとして広く知られる。

稲荷主神としてウカノミタマの名前が文献に登場するのは室町時代以降。

伊勢神宮では室町時代以前から、御倉神(みくらのかみ)として祀られた。

系譜

「古事記」「日本書紀」では名前だけで事績が書かれていない。

古事記によると須佐之男命が櫛名田比売の次に娶った神大市比売との間に生まれたとされる。

同母の兄に大年神(おおとしのかみ)がいる。大年神も穀物系の神。

鎌倉時代に伊勢神宮で編纂された「神道五部書」の「御鎮座伝記」で、内宮の「御倉神(みくらのかみ)の三座は、スサノオの子、ウカノミタマ神なり。また、専女(とうめ)とも三狐神(みけつかみ)とも名づく。」と記され、スサノオの子とされる。

だが、外宮についての記載では、「調御倉神(つきのみくらのかみ)は、ウカノミタマ神におわす。これイザナギ・イザナミ 2柱の尊の生みし所の神なり。」となり、イザナギ・イザナミの子となっている。

また、別名として、オオゲツヒメ、保食神(うけもちのかみ)、御膳神(みけつかみ)、三狐神、専女神が出てくる。

日本書紀では神産みの第六の一書で、イザナギとイザナミが飢えて気力がないときに産まれたとされる。

飢えた時に食を要することから、穀物の神が生じたと考えられる。

日本書紀で、神武天皇が戦場で祭祀をした際に、供物の干飯に厳稲魂女(いつのうかのめ)という神名をつけた。本居宣長はウカノミタマと同じと考えた。

「諏訪氏系図」では建御名方神と八坂刀売神との子である八杵命の子とされる。

いずれにしても、アマテラスの系譜ではない。

主祭神とする神社

現在は穀物の神としてだけでなく、農業の神、商工業の神としても信仰されている。

神仏習合

ウカノミタマは仏教の荼枳尼天(だきにてん)習合した。荼枳尼天は白狐に乗る天女の姿で表される。

もともと荼枳尼天は狐と関係ないが、荼枳尼天を狐精とする吒枳尼陀利王経が偽撰され、近世の荼枳尼天曼荼羅で狐に乗った天女の姿で描かれるようになった。

福神化の過程で荼枳尼天は同じ福神の宇賀神や弁才天と同一視され、さらには稲荷神とも混同され習合されるようになる。

江戸時代には商売繁盛の神として庶民の信仰を集め、寺院の豊川稲荷(愛知県)が知られる。東京に分院の豊川稲荷(港区)がある。

神仏習合については義江彰夫「神仏習合」に詳しい。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました