小見川城址の訪問録(千葉県香取市)今は城山公園

城郭・城址
この記事は約2分で読めます。

千葉 北総エリア屈指の桜の名所

小見川城址(城山公園)。千葉県香取市小見川。

小見川城址のほとんどが城山公園(じょうやまこうえん)となっている。千葉県香取市小見川にある公園で、サクラやツツジの名所として知られる。

公園には70種余り、約6,000本のさまざまな樹木が植えられ、四季を通じていろいろな花木が楽しめる。1,000本のソメイヨシノと4,000本のつつじがあり、北総随一の花見の名所として知られる。夏にはアジサイやサルスベリ、秋にはアベリアやキンモクセイなど咲く。

また、公園内には、遊具が整備された「アスレチック広場」や「チビッコ広場」「わんぱく広場」があり、山の頂上には、茶会や華道などの集まりもできる数寄屋造りの「清風荘」がある。

城山古墳群

公園には城山古墳群と呼ばれる古墳群がある。6世紀後半と考えられている。多くの副葬品が出土した。古代から人が住んでいたことが分かる。香取神宮周辺にも古墳群があることから、香取海を中心に、集落が形成されていたのだろう。なお、香取海は古代の関東平野東部に太平洋から湾入し香取神宮の目前に広がっていた内海をいう。

小見川城址

城山の名前のとおり、元々は小見川城があったところである。鎌倉時代から戦国時代末期にかけて、粟飯原氏(あいはら)が城を築いた。建久年間(1190年~1199年)に粟飯原朝秀が築城したと伝えられる。粟飯原氏は千葉氏の一族で、小見川城を居城とした。その城跡の土塁や空堀、土橋、曲輪などが残っているが、遺構の状態は良くない。

永禄3年(1560年)、正木時忠が下総へ侵攻したとき小見川城も攻められた。粟飯原氏はここに籠城したという。その時に正木氏が陣屋と置いたところが「橋向陣屋」(現在の小見川小学校)である。

天正18年(1590年)豊臣秀吉による小田原征伐で、粟飯原俊胤は北条氏に与し、落城した。その後、松平家忠が居城としたが、慶長6年に廃城となった。

城山公園の風景

地図と住所

所在地: 〒289-0313 千葉県香取市小見川
電話: 0478-50-1214

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました