高輪大木戸跡の訪問録(東京都港区)東海道から江戸府内の入口として設けられた木戸[国の史跡]

史跡・遺跡
この記事は約1分で読めます。

東海道から江戸府内の入口として設けられた大木戸の跡

泉岳寺駅を降りてA4出口から出ると、目の前に第一京浜が走っている。左手に進むと10メートルくらいで石垣が見える。ひっそりとたたずむ国の指定史跡

高輪大木戸は江戸時代の宝永七年(1710年)に東海道沿いの江戸府内への入口として設けられた。当初、芝口門が建てられその後、現在の場所に大木戸が設けられた。芝口門のあった場所は元札ノ辻と呼ばれた。

木戸の大きさは長さ五間(9メートル) 、幅四間(7.2メートル) 、高さ一丈(約3メートル)の石垣。設けられた当時は間に柵と門が設けられた。明六ツ、暮六ツに開閉していたが、後に廃止された。浮世絵には石垣のみが描かれている。

天和二年(1682年)には高札場も移され、日本橋南詰、常盤橋外、浅草橋内、筋違橋内、半蔵門外と共に江戸の六大高札場の一つだった。

伊能忠敬が日本地図作成のために行った測量の起点がこの大木戸だった。

地図

所在地: 〒108-0074 東京都港区高輪2丁目19

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました