師戸城址(もろとじょうし)今は千葉県立印旛沼公園

「臼井城」を影で支えた城

今回は城を見に来たわけではなく、千葉県立印旛沼公園に来たら、そこが城址だったというオチ。せっかくなので、城址を散策。公園として綺麗に整備されているが、随所に城の名残が見られる。保存状態がよい。空堀と土塁が確認できる。

千葉氏の一族であった臼井氏の居城・臼井城の支城として鎌倉時代の14世紀に築城された。築城は臼井氏の四天王の一人・師戸四郎によるとされる。改築を重ね、現在の大きさになったのは16世紀ころと推定される。本丸、二の丸、三の丸があり、支城としては立派なつくり。臼井城とは渡しで結ばれ、臼井城の防衛に大きな役割を果たした。

地元では龍ヶ谷城(りゅうがやじょう)と呼ばれていた。この辺りには、龍の名のつく寺などもあり、龍伝説があちこちにある。龍、すなわち大蛇、つまりは大河(この地域であれば利根川)の氾濫による災難に見舞われやすかった地域だったということでもあろう。

昭和47年に部分的に発掘調査を行い千葉県立印旛沼公園として整備された。

戦国時代の永禄九(1566)年の上杉謙信による臼井城攻撃でも活躍したらしい。天正十八(1590)年の小田原の役で落城し廃城となった。

空堀

本丸のあたりか?

展望台。目の前に印旛沼が広がる。

地図

所在地: 〒270-1615 千葉県印西市師戸756−10