【式内社】玉前神社(千葉県長生郡一宮町)の参拝録 上総一ノ宮として駅名にもなっている上総国一之宮

玉前神社の本殿 寺社
この記事は約3分で読めます。
玉前神社の本殿

上総国一之宮

外房線に上総一ノ宮駅(かずさいちのみやえき)がある。東京駅からの総武本線で、たまに上総一ノ宮駅行きがあるのだが、この上総一ノ宮というのが、玉前神社(たまさきじんじゃ)のことである。

一之宮とは、その地域の旧国内で最も権威のある神社のことをいうのだが、千葉県には3つの一之宮がある。これは千葉県に3つの国、下総国、上総国、安房国があったためで、それぞれ、下総国の一之宮は香取神宮、安房国の一之宮は安房神社、そして上総国の一之宮が玉前神社である。

玉前神社は文献等により、1,200年以上鎮座していることは間違いないが、永禄年間(1558年-1570年)に社殿および古記録等が焼失したため、創建年代は不明である。

「延喜式神名帳」(延長5年(927年)成立)では、上総国埴生郡「玉前神社 名神大」と記載されている。名神大とは名神大社のことで、古代の社格において、最も格の高かった神社のことである。

神武天皇の母である玉依姫命(たまよりひめのみこと)を主祭神としていることから、縁結び、子授け、安産や 子育てなどに御利益があるとされる。

玉前神社の説明版
玉前神社の説明版

レイライン(御来光の道)の東の起点にあり、玉前神社から、寒川神社(神奈川)、富士山、竹生島(滋賀)、皇大神社(京都)、大神山神社(鳥取)、出雲大社へと連なっている。

一の鳥居

玉前神社の一の鳥居
玉前神社の一の鳥居

社号標

玉前神社の社号標

斎館

玉前神社の斎館
玉前神社の斎館

茅の輪と二の鳥居?

玉前神社の茅の輪
玉前神社の二の鳥居

狛犬

玉前神社の狛犬

手水舎

玉前神社の手水舎

鳥居

三の鳥居か?

玉前神社の鳥居

神楽殿

玉前神社の神楽殿

御神木

玉前神社の御神木

社殿

社殿は本殿・幣殿・拝殿がつながった権現造。江戸時代、貞享4年(1687年)に現在の社殿が造営される。

玉前神社の本殿
玉前神社の本殿
玉前神社の本殿

参集殿

玉前神社の参集殿内部

西山(はだしの道)

玉前神社の西山(はだしの道)

授与所

お守りの数々

玉前神社の授与所
玉前神社の授与所

さざれ石

玉前神社のさざれ石

子授かりイチョウ

玉前神社の子授かりイチョウ

摂末社

招魂殿

祭神:一宮出身の戦没者325柱。

玉前神社の招魂殿

十二社

一宮町内にあった12社を合祀。

玉前神社の十二社

三峯神社

玉前神社の三峯神社
玉前神社の境内

三峯神社の付近

玉前神社の境内

玉前神社の概要

概要
項目内容
創建創建年代は不明
主祭神玉依姫命
社格等古代社格制度式内社(名神大)
中世社格制度上総国一宮
近代社格制度国幣中社
現代の制度別表神社
その他 
備考

文化財

重要文化財概要
指定内容
国指定国宝
重要文化財梅樹双雀鏡 (ばいじゅそうじゃくきょう)(工芸品)
登録有形文化財
県指定有形文化財玉前神社社殿と棟札(建造物)
市指定有形文化財萌黄縅胴丸(工芸品)
松喰鶴鏡(工芸品)
蓬莢鏡(工芸品)
里見義頼寄進状(古文書)

住所&地図

所在地:〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3048
電話:0475-42-2711

千葉県の式内社

千葉県の式内社
下総国香取郡1座(大)香取神宮 名神大社香取神宮 千葉県香取市香取 下総国一宮 月次新嘗千葉郡2座(並小)寒川神社 式内小社 【論社あり】二宮神社 千葉県船橋市三山 下総国二宮寒...
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました