香取神宮の一の鳥居から香取神宮までの道のりの散歩録(千葉県香取市)

寺社
この記事は約4分で読めます。

津宮鳥居河岸(香取神宮の一の鳥居)

前回、香取神宮に来た際の心残りがここである。鹿島神宮もそうであるが、一の鳥居が川にある。

一の鳥居ということは、ここがかつての香取神宮への表参道口になる。鳥居を背にすると、正面方向には香取神宮の奥宮がくる。神は川からやってくる。

香取神宮の御祭神である経津主大神は、海路ここから上陸されたと伝えられ、往昔の表参道口で大鳥居があります。十二年に一度、午年に行われる式年神幸祭には、ここから御神輿をのせた御座船が大利根を遡ります。
平成十四年三月、式年大祭記念事業として、香取神宮の御用材をもって立て替えが行われました。

https://katori-jingu.or.jp/guide/
【式内社】香取神宮の参拝録(千葉県香取市)最強の武神フツヌシを祀り、伝説の剣豪飯篠長威斉家直ゆかりの神社

鹿島神宮を訪れ、いつかは期待と思っていた神社。古来、神宮と言えば、伊勢神宮と鹿島神宮、香取神宮の3社を指していた。残るは伊勢神宮。いつかは行ってみたい。

ここから香取神宮までは、結構距離がある…。この道がかつての香取神宮への表参道である。

場所など

〒287-0011 千葉県香取市津宮480

忍男神社(おしお神社)

香取神宮の摂社。通称が東宮。西宮もあるとのこと。津宮鳥居河岸から香取神宮への旧表参道沿いにある。

忍男神社は東の宮と呼ばれる。津宮まちづくり協議会の看板によると、香取神宮表参道沿いの津宮字東宮に鎮座し、香取神宮の摂社で伊弉諾命を祭る。創建は古く不詳であるが、現在の社殿は慶長12年(1607年)に徳川幕府により造営されたものである。西の宮と共に浜手守護の神といわれている。

忍男神社の概要

項目内容
創建不詳
主祭神伊邪那岐神
級長津彦命
倉稲魂命
長津戸辺命
末社
備考

場所など

〒287-0011 千葉県香取市津宮560

董橋(ただすばし)

津宮鳥居河岸から香取神宮への旧表参道沿いにある。

津宮まちづくり協議会の看板によると、董橋(ただすばし)は草履抜橋、じょん抜き橋とも呼ばれており、根本川に掛かるこの橋は、香取神宮への表参道に掛かり、例幣使の参向時には、ここで身を漱いだといわれ、衛兵の見張所もあったことから、董橋の名がつき、津宮大橋とも呼ばれた。人々はこの場所で豊富な湧き水の流れに身を清め、衣と草履を履き替えて神宮に向かったことから、草履抜橋、靴脱橋、じょん抜き橋と転化されたともいわれる。

場所など

神道山古墳群

津宮鳥居河岸から香取神宮への旧表参道沿いにある。

歩いてみて初めて分かるのだが、なぜこんなところに古墳が??と思わずにいられない。

古墳時代は3世紀半ば過ぎから7世紀末頃までの約400年間を指すことが多い。このころの日本の人口は、様々な推計があるが、7世紀ころで500万位だという。

古墳が作れるくらいの人口は要していたということになるのだろうが、この一帯には、どれくらいの人が住んでいたのだろう?

古来から人が住んでいたからこそ、大きな社が建てられたのだろう。

それと、歩いてみて面白いな、と思うのは、大きなお寺の前には街ができるが、大きな神社の前には必ずしも街ができない、ということである。

神社の前に街がある場合、城がそばにあることが多いように思う。日本の街づくりは、城とお寺を中心に発展し、神社はそうした発展から取り残されているように思う。これには歴史的な理由があるのだろうか・・・。

津宮まちづくり協議会の看板によると、神道山の大半は香取神宮の所有地で、昔は、香取神宮が「香取山根本寺」を置き寺領として與え守護させたが、安政年間(1780年頃)に廃寺となった。神道山には、古墳時代5~6世紀に構築された古墳12基があった。現在は主墳「前方後円墳」1基、陪塚と呼ばれる円墳が6基残っており、昭和52年に市指定の遺跡となった。なお、山頂には「枡原稲荷」も祭られている。

場所など

香取神宮の奥宮

神道山古墳群をすぎてしばらく道なりに歩くが、旧表参道であることが分かる目印がない。大きな道にぶつかり、渡ってしばらくして脇道へ進んでいき、坂道を登っていくと奥宮のすぐ近くに出る。…これで正解なのか?という道を歩いた。

香取神宮の奥宮
【式内社】香取神宮の参拝録(千葉県香取市)最強の武神フツヌシを祀り、伝説の剣豪飯篠長威斉家直ゆかりの神社

鹿島神宮を訪れ、いつかは期待と思っていた神社。古来、神宮と言えば、伊勢神宮と鹿島神宮、香取神宮の3社を指していた。残るは伊勢神宮。いつかは行ってみたい。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました