屏風ヶ浦 絶壁の連なるところ

絶壁の連なるところ

銚子マリーナから遠景で眺めた。

近くまで歩いていくには遠いなぁ・・・。と思うぐらいに絶壁が連なっている。

昔の人は、よくもまぁ、屏風ヶ浦と名付けたものである。まさに、巨大な屏風が連なっている場所である。

「浦」と地名についているので、以前は入り江のようになっていたのかもしれない。

浸食がすごい場所のため、波の打ち消しブロックを使っているが、これがなければ、毎年1mくらい浸食される場所らしいので、「浦」があったのかもしれない。

国指定の名勝及び天然記念物

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は水郷筑波国定公園に属する。

千葉県銚子市名洗町から旭市上永井の刑部岬まで、高さ40m~50mの海食崖が約10㎞続く断崖絶壁である。

2016年に国指定の名勝及び天然記念物になった。

地層

屏風ケ浦では、新第三紀鮮新世から第四紀更新世に堆積した犬吠層群に属する名洗層、飯岡層と、香取層、関東ローム層が見られる。

なお、地層を観察できる場所は、銚子マリーナなどに限られている。波による遭難の危険を伴うためである。

浸食によって崩落した石は、潮流に乗って九十九里浜へと流れて行き、海岸に打ち上げられ、九十九里では飯岡石と呼ばれる。

砂岩質のため土壌が弱いことと、打ち寄せる波の強さもり、有史以来数キロに渡って岸壁は削られている。

鎌倉時代には片岡常春の居城・佐貫城があったと言われるが、遺構は沖にある。

銚子市との境界付近には、通蓮洞(風蓮洞、との記述もある)と呼ばれる洞窟もあったが、現在ではほとんど埋没している。

場所など

所在地: 〒288-0035 千葉県銚子市名洗地先