犬吠埼灯台 青空に映える白亜の灯台

青空に映える白亜の灯台

この日は快晴も快晴。真っ青な空だった。目の前には太平洋。これも青く輝いている。青一色の中、真っ白な灯台がとても映える。

灯台の下(要するに崖の下)には階段で降りられる。下から見上げる灯台も良かった。

ここは快晴の時に来るに限る、と思った。

関東最東端の岬

犬吠埼(いぬぼうさき)。千葉県の銚子市にある岬。関東の最東端に位置する。元旦の初日の出が一番早い場所として知られる。

岬には犬吠埼灯台があり、平成10年に「世界の歴史的灯台100選」に選ばれた。犬吠埼灯台は1874年(明治7年)に英国人リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により造られた西洋型第一等灯台。レンガ造りの建築物としては、高さ31.57mは日本で2番目に高い。日本で24番目に点灯された。

犬吠埼一帯は水郷筑波国定公園に含まれる。沿岸には遊歩道があり、北側には「関東舞子」と呼び親しまれた君ヶ浜(君ヶ浜しおさい公園)がある。君ヶ浜は日本の渚百選に選ばれた。

高浜虚子、国木田独歩、佐藤春夫などの歌碑、詩碑が立つ。

国指定の天然記念物

犬吠埼の白亜紀浅海堆積物は2002年に国指定の天然記念物になった。2007年には日本の地質百選にも選ばれた。

浅海特有の堆積構造や化石などが豊富で、地層の標識的な場所として貴重だそうだ。中生代の三畳紀、ジュラ紀、白亜紀、新生代に至るまでの地層が観察できるという。ただ、残念ながら、現在は観察できる場所には立ち入ることができない。

義経伝説

犬吠埼という地名には諸説がある。

源義経の愛犬「若丸」が岬に置き去りにされ、7日7晩鳴き続けたことから犬吠(犬が吠く)と言われたという。

また、かつてアシカ(ニホンアシカ)が繁殖しており、鳴き声が犬に似ていたことから、犬吠埼と名付けられたという。近くの海鹿島には、明治時代に200~300頭のアシカが生息していたらしい。

場所など

所在地: 〒288-0012 千葉県銚子市犬吠埼9576
電話: 0479-25-8239