丸目蔵人佐長恵「タイ捨流」を興した上泉信綱の四天王と呼ばれた九州の剣術家

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

タイ捨流

丸目蔵人佐長恵(まるめ・くらんどのすけ・ながよし)はタイ捨(たいしゃ)流の創始者として知られる。

通称は蔵人佐(くらんどのすけ)、または石見守。丸目蔵人(まるめ・くらんど)の名で広く知られる。

本姓は藤原。号は徹斎。晩年は剃髪して石見入道徹斎を名乗った。

タイ捨流の「タイ」には、「体・待・対・太」などの漢字が当てはまるが、あえてカタカタにしているのは、漢字で「体」とすれば体を捨てるという意味に限定され、「待」とすれば待つを捨てるという意味に限定され、「対」とすれば対峙を捨てるという意味に限定され、「太」とすれば自性、つまりは本性を捨てるという意味に限定される、といったそれぞれの意味が含まれるからだそうだ。

「タイ捨」とは、これらのすべての言葉にとらわれないことを意味している。

さて、丸目蔵人佐長恵は上泉伊勢守信綱の弟子として知られる。上泉伊勢守信綱は「新陰流」の創始者で、他の弟子で有名なのは、柳生宗厳などである。

つまり「タイ捨流」は新陰流の流れを汲む流派である。タイ捨は甲冑を着た武将を倒す刀術として実戦向きだったが、これにさらに磨きをかけ、示現流を生み出したのが東郷藤兵衛肥前守重位である。

略歴

戦国時代の武人。天文9年(1540)に九州の肥後国八代郡八代(熊本県八代市)に生まれた。当時、八代は相良氏の領国。

父は丸目与三右衛門尉(元は山本姓)、母は赤池伊豆の娘とされる。

初陣で武功を挙げ、父と共に「丸目」の名字を与えられた。

弘治2年(1556年)。肥後天草郡の領主の本渡城主・天草伊豆守の元で兵法の修行を行った。

永禄元年(1558年)に上洛。上泉伊勢守信綱に新陰流を学び、四天王(疋田景兼、神後宗治、奥山公重、丸目長恵)の一人となった。

永禄7年(1564)。足利13代将軍義輝の前で上泉が兵法を上覧したとき、師の上泉の相手として打太刀を務め、「丸目の打ち太刀、天下の重宝」と褒めたたえられ、感状を受けている。

正親町天皇の前でも同様に兵法を上覧している。

この時期を前後して、禁廷北面の士とされているが、宮仕した事実は確認されていない。

丸目蔵人佐長恵はいったん、帰郷し、相良家で新陰流の指南を行った。

永禄9年(1566年)。弟子の丸目寿斎、丸目喜兵衛、木野九郎右衛門を伴い再び上洛。

師の上泉伊勢守信綱は京にいなかった。

丸目蔵人佐長恵は愛宕山、誓願寺、清水寺で「兵法天下一」の高札を掲げて、諸国の武芸者や通行人に真剣勝負を挑んだ。

しかし、誰も名乗り出ず、勝負することなく帰国した。

永禄10年(1567年)。「兵法天下一」の高札の件を知った上泉は、上泉伊勢守信綱の名で印可状(免許皆伝)を与えた。一説には永禄12年(1569)に目録を授けられたという。

この時期、相良家に仕官している。

永禄12年(1569年)。薩摩の島津家久が大口城を攻めてきた際に、相良家は丸目蔵人佐長恵の策に従って大口城が落城してしまう。

そのため、丸目蔵人佐長恵は相良義陽から逼塞の処罰を受け、武将として出世することはなかった。。

丸目蔵人佐長恵は兵法修行に専心し、師の上泉伊勢守信綱より、西国での新陰流の教授を任された。

その後、弟子の一人が上泉伊勢守信綱の元で修行を行い、ある太刀筋を伝授される。上泉伊勢守信綱は、その太刀筋を丸目蔵人佐長恵に伝えて欲しいと託したが、弟子から教わるのを良しとしなかった丸目蔵人佐長恵は、上泉伊勢守信綱に直接の指導を仰ごうとしたらしいが、すでに亡くなっており、指導はあおげなかった。

自らの鍛錬により、数年後に「タイ捨流」を開流したといわれている。

天正15年(1587年)。再び相良氏に仕えた。タイ捨流の剣術指南として、117石を与えられた。

タイ捨流は九州一円に広まり、筑後山下の城主・蒲池鑑廣や柳川城主・立花宗茂に教えている。授けた免状は今も保存されている。

また、薩摩は示現流を採用する前はタイ捨流だった。

晩年には徹斎と号した。

切原野(熊本県球磨郡錦町)に隠棲して、村人とともに開墾に従事しながら隠居生活を送った。田畑や水路や植林地は残って今に活用される。

元和4年(1618)、京都からローマに送ったイエズス会宣教師の報告書に、丸目蔵人佐の風貌が描かれている。

寛永6年(1629)没。89歳。法名は雲山春龍居士。墓は熊本県球磨郡錦町切原野堂山。

逸話

徳川幕府の指南役柳生但馬守宗矩に試合を挑み「竜虎相搏つは非、天下を二分せん」と説得された。

巌流島決闘のあとで訪れた宮本武蔵に、タイ捨流二刀の型を伝授した。

丸目蔵人佐長恵を描いた作品

海音寺潮五郎「おどんな日本一」

海音寺潮五郎の「おどんな日本一」を読んだ感想とあらすじ
覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆剣聖・上泉伊勢守信綱の高弟の一人、丸目蔵人長恵が主人公の小説。木訥で一途な姿が描かれ、清...