延命院旧跡の訪問録(千葉県成田市)7代目市川團十郎ゆかりの地

史跡・遺跡
この記事は約1分で読めます。

延命院旧跡の石柱

スポンサーリンク

成田山へ向かう参道の途中

成田山新勝寺へ向かう途中の参道沿いにある。目立たないので、見過ごしがち。

江戸時代の天保13年(1842年)。老中・水野忠邦による天保の改革により、7代目市川團十郎は江戸十里四方所払いとなり、代々信仰していた成田の地へ身を寄せていた。その場所がここである。

市川團十郎は、成田屋七左衛門と改名して延命院に身を寄せた。延命院には成田屋の三舛の紋があしらわれている。

延命院旧跡の門

延命院旧跡

スポンサーリンク

地図

住所:千葉県成田市仲町359

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました